坊譚

妖怪イラスト&漫画ブログ

妖怪図鑑:目次
思うところ 次ページ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

押してもらえると励みになります→ 拍手する



( --/--/-- --:-- ) Category スポンサー広告 | TB(-) | コメント(-)| top↑

おみくじ豆知識

吉と小吉はどっちが上?「おみくじ」がもっと楽しくなる雑学集 - はてなブックマークニュース

毎日新聞にリンクされてた上記の記事を見ていたらこんな吉凶の順番が載っていました。
「大吉・中吉・小吉・吉・半吉・末吉・末小吉・凶・小凶・半凶・末凶・大凶」

この吉凶、信頼のできる情報源としては『日本おみくじ夢紀行』でしかみたことがないので実際に使っている神社仏閣が分からず、何を参考にしたんだろうとずっと思っていました。

ところが、最近同一著者の別の本『日本おみくじ紀行』をみたらそこにも吉凶が載っていたのですが、上記のものと順番が違いました。私が持っているのは古い本なので新版を見て確認しないと確実と言えませんが
『日本おみくじ紀行』の文庫版を図書館でその内借りてみるつもりです。

とりあえず一般的なのは「大吉・吉・中吉・小吉・半吉・末吉・末小吉・凶・小凶・半凶・末凶・大凶」ではないでしょうか。

何か光明が見えたので正月の話のネタにQ&Aを置いときます。別にやっているイザ!のブログに載せた分とだいたい内容は同じです。

おみくじに関する質問やこれは違うんじゃないかというご意見がありましたら気軽にどうぞ。

【一覧】
おみくじの歴史は?
おみくじの語源は何?
おみくじの引き方にはどんなものがあるの?
吉凶はどれが一番いいの?
おみくじを引いたら「平」が出たけどどういう意味?
別の神社なのに同じおみくじがあったけど何で?
おみくじの正式な作法ってあるの?
おみくじを一日にたくさん引くとよくないの?
こどもみくじは大人が引いてもいいの?
おみくじは結んでこなきゃダメ?
おみくじはなぜ結ぶの?
凶のおみくじを引いたら、どうすればいい?
凶を引きたくないけどいい方法ない?
おみくじの詳しい解説をしてくれるとこはありませんか?
おみくじの筒って四角と六角をよく見るけどどっちが一般的?
変わったみくじが引きたいけどどこにあるの?
おみくじの値段っていくらぐらい?
お菓子を食べたらおみくじ入ってたけどこれは何?
外国にもおみくじってあるの?
中国式おみくじってどんなもの?

気になる内容があったら続きをどうぞ↓



>>続きを読む
スポンサーサイト

押してもらえると励みになります→ 拍手する

スポンサーサイト


( 2011/01/03 18:40 ) Category 思うところ | TB(0) | CM(0) | top↑

たまにはゲームの話しでも

もうすぐファイナルファンタジー13が発売しますがとても楽しみです。今回は音楽が浜渦正志作曲なので弟が最低でも曲が良いゲームになると喜んでもうCDまで買う予定だそうです。私は戦闘システムさえ面白ければ多少シナリオやグラフィックに問題があろうと文句はありません。

今日は折角なので好きなゲームの話しでもします。というか主にロマサガの話です。



>>続きを読む

押してもらえると励みになります→ 拍手する



( 2009/12/08 21:13 ) Category 思うところ | TB(0) | CM(0) | top↑

稲生物怪録とか

稲生物怪録ネタですが、適当に以前思いついたことを言っているだけなので真に受けないように。

以前、「妖怪大戦争」の映画を見に行った時、最後のクライマックスで、稲生物怪録の山本五郎左衛門と神野悪五郎、更にその大元の妖怪として「妖怪大翁」という名の水木先生が登場しました。

大勢の観客は真剣な顔で見ていましたが、京極先生・荒俣先生がばっちり衣装を身につけ、見事な演技をしているのに対して「妖怪大翁」の飾らない普段どおりさに思わず爆笑していたら、周りの観客に睨まれました。

あれは危険な映画です。

それはさておき話の元となっている「稲生物怪録」ですが、これは広島の三次で稲生平太郎という少年が、触ると祟りのある石に触れたため、一ヶ月にわたり屋敷に妖怪が表れ怪異をなし、最後その総大将の魔王「山本五郎左衛門」があらわれ、平太郎の勇敢さに魔王を呼ぶ小槌を渡し、去っていくと言う話です。

この中で山本は、「神野悪五郎」とどちらが妖怪の総大将になるのかを争っていると語りますが、二人が争っていると言うことは当然二人より上の現大魔王がいるはずで、それを妖怪大戦争の中では「妖怪大翁」として登場させていました。

自分が稲生物怪録をモチーフとして創作をするとしたら、現魔王は誰なのかと少し考えてみました。

そこで注目したのが争っている二人がどちらも『五郎』。ということは現魔王も『五郎』なのではないかと思うのです。つまり「大五郎」「五郎王」「超☆五郎」あたりがよいのではないかと思います。

もちろん、二人が五郎なのは意味があるのではないかと思います。

「五郎」という言葉は「御霊」という言葉に似ており本来御霊と呼ぶべきを五郎と転訛することがあります。つまりこの二人も本当は「御霊」なのではないか。

他に五郎のつく強そうなものは「権五郎」とか「五郎王子」とかでしょうか。

そういや『稲生物怪録絵巻集成』が欲しいのですが高いんだよね。サンタさんがくれないかな。

押してもらえると励みになります→ 拍手する



( 2009/11/25 22:24 ) Category 思うところ | TB(0) | CM(0) | top↑

日本おみくじ紀行今昔

私は神社仏閣によく行きます。そして行った先々でしょっちゅうおみくじを引いています。

今日はおみくじの話。

日本おみくじ紀行という本があります。

これは島 武史さんが日本各地にある様々な特色あるおみくじについて説明している本です。

ですが何分15年ほど前の古い本なので情報が古くなっています。そこで私が訪れたことのある寺社のおみくじから変化をチェックしました。



>>続きを読む

押してもらえると励みになります→ 拍手する



( 2009/11/11 20:16 ) Category 思うところ | TB(0) | CM(0) | top↑

神社仏閣巡礼:御朱印編③


朱印の形態について考えてみました。ただ私は大きめの寺社を中心に頂いているので多少偏っていると思います。神社と寺に分けて説明します。


神社編


平安神宮
gosyuin_01
神社で頂けるオーソドックスなタイプです。墨書きと判の両方で社名を書き、日付と奉拝の文字があることが多いです。




>>続きを読む

押してもらえると励みになります→ 拍手する



( 2009/09/28 23:16 ) Category 思うところ | TB(0) | CM(0) | top↑

神社仏閣巡礼:御朱印編②


朱印帳を画像を使い紹介します。御朱印は月曜の記事で紹介します。




>>続きを読む

押してもらえると励みになります→ 拍手する



( 2009/09/25 18:38 ) Category 思うところ | TB(0) | CM(0) | top↑

神社仏閣巡礼:御朱印編①

シルバーウィークは北陸を中心に神社仏閣を観光に行ってきました。私は神社仏閣が好きでよく行きます。元々異界というものに憧れがあり、そういう雰囲気の場所が好きでそれに一番近いのが神社仏閣ではないかと思い、聖地巡礼のようなことをよくします。

神社仏閣は神や仏の居る場所だけあり、街の中でもそこだけ別の空間のように森に覆われたりしており、そういう場所に行くと血沸き肉踊ります。

それが高じておみくじ収集を趣味としています。ちょうど最近このような記事を読んだので御朱印についてちょっと書いて見ようと思います。

御朱印集めが静かなブームに - 『御朱印展~神々からの贈りもの』に見る人気の秘密(mntlog)

>>続きを読む

押してもらえると励みになります→ 拍手する



( 2009/09/24 23:57 ) Category 思うところ | TB(0) | CM(0) | top↑

蜈蚣を射るの図メイキング

蜈蚣を射るの図のメイキングです。

簡単に普段どんな感じで絵を描いているかの説明です。ブログの容量も制限があるので今回 「Flickr」という画像保存サービスを使ってみました。簡単にアップロードできるし容量も多いのでこれから漫画やイラスト以外はFlickrを利用するのもありかもしれない。

画像が多く重いので「続きを読む」にしています。



>>続きを読む

押してもらえると励みになります→ 拍手する



( 2009/07/22 22:38 ) Category 思うところ | TB(-) | CM(0) | top↑

実物を見るということ

ちょっとFC2のトラックバックテーマ「美術館・展覧会に行った事はありますか?」が面白そうなので私が好きだった展覧会について語ってみます。



>>続きを読む

押してもらえると励みになります→ 拍手する



( 2009/05/08 21:38 ) Category 思うところ | TB(0) | CM(0) | top↑

ファンタジー観について-物語の終焉

どんな話でもいつか物語は終わりを迎えます。
途中までは結構面白かったのに終わり方が悪いため印象が悪くなることもよくあります。
以前読んだ話で納得がいかなかったのは、途中までダークファンタジー的なホラーな物語だったのに、気がつけばラブコメエンドになった、挿絵が山田章弘のもの。物語的に何も解決していないのに、ラブコメだけして最後とは、本当は原作国では別の終わりがあるのではないかと思ってしまいます。

基本的にはハッピーエンドが好きですが、やや後を引く切ない終わり方が好きです。
そういう意味では指輪物語、果てしない物語などは美しい終焉を迎えます。

指輪物語は一見ハッピーエンドに見えますが、主人公に大きな心の傷を残し、さりげなく追補編である人物が発狂するなど何気にエグイ設定があります。まさに滅びゆく者達の物語です。

「果てしない物語」は主人公が現実に戻った後の本屋の主人のエピソードがたまらなく切ない。

この辺りはやや引きずる終わりと言うのがいいのですが、最初からバットと分かっているものはそれはそれでいいものです。

三田村信行などは子供相手に本気でトラウマを植えつけるところが良いです。
今まで登場人物が死亡するのがバットエンドだと思っていたのですが、この人の作品を読んでからその認識は変わりました。

「ぼくが恐竜だったころ」などはあらすじを読んだだけでどうやっても幸せな結末を迎えないことが分かる親切仕様。
主人公が途中で死んだ方が主人公にとってハッピーエンドなので主人公の死を願ってしまうほどです。主人公の少年が恐竜の女の子に本気で惚れていたり、全登場まともな人間が存在しないなど良い意味で色々狂気です。

「風の城」は主人公だけハッピーエンドなので、三田村先生今回はハートフルだなと思ってしまいます。

とにかく誰かが必ず発狂します。


そんな私が一番納得いかない話の終わり方は「神落ち」(自分で命名)です。
どういう終わり方かというと登場人物全員死亡、その後神々の元で永遠に幸せに暮らしましたとさ、めでたしめでたし。

なんとなく「西遊記」のような仏教系の神落ちは許せるのにキリスト教でやられると受け付けないのが不思議。

もっともこの落ちはめったいないので遭遇率は低いです。

押してもらえると励みになります→ 拍手する



( 2009/04/17 23:39 ) Category 思うところ | TB(0) | CM(0) | top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。