坊譚

妖怪イラスト&漫画ブログ

妖怪図鑑:目次
妖怪資料

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

押してもらえると励みになります→ 拍手する



( --/--/-- --:-- ) Category スポンサー広告 | TB(-) | コメント(-)| top↑

妖怪事典のレビュー

村上健司の著作に「日本妖怪大事典」と「妖怪事典」があります。
最初この二冊を見たとき何が違うのか良く分からなかったので二冊の比較をしてみました。参考までにどうぞ。さらに千葉幹夫の「全国妖怪事典」もレビューしました。

ここでいう妖怪事典というものは読み物として面白い物ではなく資料として使うことを目的としている書物です。一般的な水木しげるの妖怪図鑑などとは違いエンターテイメント性はあまりありません。妖怪について自分でもっと詳しく調べてみたいと思う人向けです。これらの本には詳しく妖怪のことが書かれているというよりもどのような資料を探せばいいのかの手引きになっています。

一般向けの妖怪図鑑は部分創作も多いのでこのような本でそれを調べるのも面白いかもしれません。

文献に現れた妖怪を扱っており地域別に妖怪の簡単な解説をしています。私が普段扱う創作妖怪などは一切取り扱わず、伝承や文献に登場する民俗学的な妖怪が中心です。民俗学の資料のような側面が強いと思われます。

小さくてお安いので手に入れ安いです。

収録妖怪はどれくらいあるのか良く分かりませんが少なくとも「日本妖怪大事典」よりは多いです。絵は一切ありません。

特色は「全国妖怪事典」とは違い、創作妖怪なども含め総合的に取り扱っています。

「全国妖怪事典」を参考にしていると書いているように構成は少し似ています。最大の特色は妖怪を5つに分類し妖怪の説明の横に記号で記しています。

①主に物語りに登場するもの、民話や伝承含む

②児童向けの本など創作が明らかな物

③絵や彫刻のみの物。あるいは絵のあるもの

④民間伝承に見られるもの

⑤江戸時代までの随筆や怪談集などの文献にあるもの

民俗学から外れた妖怪研究には特に使い勝手が良いです。妖怪に関しての説明は代表的なものをごく簡単に概要だけ書いています。その代わり参考文献を多く載せています。

収録妖怪は1592、水木先生の妖怪画641点だそうです。

正直にいうとエンターテイメント性を求めるなら水木先生の絵はもっと大きくしたほうがいいですし、資料性重視なら江戸時代の黄表紙やら絵巻から絵を採っているほうが資料としては使いやすいのですがね。

そういう意味でも中途半端な立ち位置の本です。

「妖怪事典」とは非常に近いのですが、妖怪の5分類はありません。資料の一覧はあります。こちらのほうが妖怪に関する話の説明がやや多いです。ややライトですがライトユーザーが好んで読む本でもない気もします。

どちらかといえば妖怪で創作活動している人向きかもしれません。

 

ようするに「妖怪事典」があれば十分。

スポンサーサイト

押してもらえると励みになります→ 拍手する

スポンサーサイト


( 2009/06/03 22:41 ) Category 妖怪資料 | TB(0) | CM(0) | top↑

妖怪イラスト参考資料1

ネタに困ったら本の紹介です。
妖怪を描くときによく使う本とオススメをちょっとだけ紹介します。
最後の分以外は手に入れやすさも考慮しています。
次やる時は大型本か手に入れにくい本が中心かも知れないです。

水木先生の定番本です。
妖怪検定の本でもあります。
お手ごろ価格で妖怪が沢山載っているので読み物や水木絵鑑賞によいです。

ただ、参考文献が明記してませんし、出典の怪しい話があったり、水木先生の好みが反映されているので妖怪の資料としては使えないんじゃないかと思います。

大定番です。
値段も手ごろですし、妖怪描くなら必ず一冊は欲しい本です。
大型版を買った後に文庫版が出ましたよ。コンチクショイ

画図百鬼夜行と同じく大型版を買った後に文庫版が出ましたよ。
好きな人用の本だと思うので、初めて妖怪画集を買うのなら画図百鬼夜行の方がいいと思います。
上記の本が白黒なのに対してこちらはカラーでお話がメインなところがポイントです。
黄表紙からカバット先生がピックアップした妖怪の絵が沢山載っています。
解説もありますし、楽しい本です。

余談ですが黄表紙のデータはネット上でかなり手に入ります。
中国の妖怪本です。
私は和モノが中心なのでそこまで使いませんが、絵が多いので楽しいです。
うろ覚えですが手長足長とか白澤が載っていたと思います。
絶版本ですが私が一番良く使う本です。
河童の図やら郷土玩具、有名な室町時代の百鬼夜行絵巻などが載っており妖怪画の資料として使いやすいです。
いちいち他の妖怪本を引っ張り出すのが面倒な時に便利です。

2冊持ってます。(落丁本が格安で手に入ったのでつい)

でも今手に入れるのは難しいので無理してこれを買うなら
ふくろうの『図説 日本の妖怪 (ふくろうの本)』を買うのがいいかもしれません。
どうしてもという人はヤフオクなどで安く出るのを待つのがよいと思います。


※参考になったというコメントを頂いたので別冊太陽のみ少し追記をしています。
ちょっとこれだけ買う時に注意が必要なので。

ランキングに参加しています。
絵の資料としてお役に立てたらよろしくお願いします。
お絵描きJP - イラスト検索&お絵かき交流サイト

押してもらえると励みになります→ 拍手する



( 2009/01/28 20:41 ) Category 妖怪資料 | TB(0) | CM(2) | top↑

妖怪画像リンク集

こちらは資料となる古い妖怪画のリンク集です。

妖怪サイトのリンク集はこちら→妖怪リンク集
国立国会図書館      国家権力とはよいものですね。涎が出そうなほど浮世絵が見られる【貴重書画像データベース】と国書刊行会がいい値段で売っているような読本が只で見られる【近代デジタルライブラリー】国家恐るべし。あと【PORTA】最強。登録しとけ。     
e国宝      

国家権力その2。東京・京都・奈良の三大国立博物館がたんと溜め込んでいる国宝がいつでもどこでもどなたでも見られるという夢のサイト。

何故かgoogleで検索するとトップに出てこないのがいつも気になりますが、スンばらしいです。一押しは餓鬼草子。(東国博本限定)これは何度か博物館まで見に行きましたがすばらしい。繊細かつユーモラスで美しい絵巻の最高峰だと思っています。というか実物を見ろ。     

東京都立図書館      図書館って意外にいい物を持っています。役者絵を中心とした浮世絵と妖怪の出てくる黄表紙があります。直リン→貴重資料画像データベース      
国際日本文化研究センター      妖怪という点では定番サイト。怪異・妖怪伝承データベースは知っていたが 怪異・妖怪絵姿データベースが増えていることにビックリしました。     
うわづら文庫      

久々に見たらブログがあってビックリ!青空文庫と違い、著作権の切れた文献をPDFファイルで見られるサイトです。  

パワーアップしてるよホンとに。   

全生庵

久しぶりに見たら幽霊画の保護っぷりがパワーアップしていて残念な感じになっていました。

まぁ、夏に見に行けってことでしょうね。私は実際に行きましたがかなりよかったですよ。ただ、東京は遠いです。

早稲田大学図書館 

妖怪の絵巻!黄表紙!浮世絵!しかもPDF!単に以前妖怪の展覧会をしたことがあるので唾つけといただけでしたがこれほどとは。

まじでこれがあんの?!っていう掘り出し物がぞくぞくとあります。探せば色々発掘できそうです。しかもPDF!古典籍総合データベース  

狩野文庫画像データベース

普通の絵本・絵巻の中から妖怪を探すのが楽しいのです。

でもここは古地図を沢山持っているのでそれを見ながらニヤニヤするのもよし!    

京都大学電子図書館

貴重資料画像で即行おいしいものが見られますよ。

他の画像もなかなかときめきます。   

百鬼夜行画図百鬼夜行が見られるサイトです。Shockwaveが必要みたいですが、無くてもまぁ何とかなります。
Wikipedia 画図百鬼夜行今昔画図続百鬼今昔百鬼拾遺百器徒然袋などの画像がウィキメディア・コモンズにあります。他の妖怪図巻もあったりするので意外に使える妖怪図巻となっています。

ランキングに参加しています。お気に召したらよろしくお願いします。
お絵描きJP - イラスト検索&お絵かき交流サイト

押してもらえると励みになります→ 拍手する



( 2009/01/21 21:07 ) Category 妖怪資料 | TB(0) | CM(0) | top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。