坊譚

妖怪イラスト&漫画ブログ

妖怪図鑑:目次
月別アーカイブ ≪前月 |  2009年07月  | 翌月≫]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

押してもらえると励みになります→ 拍手する



( --/--/-- --:-- ) Category スポンサー広告 | TB(-) | コメント(-)| top↑

靴のラフ

靴が臭かった。ファブリーズしなきゃ。
靴
スポンサーサイト

押してもらえると励みになります→ 拍手する

スポンサーサイト


( 2009/07/30 19:34 ) Category らくがき | TB(0) | CM(0) | top↑

『百鬼夜行絵巻の謎』の講座に行ってきた

芦屋で行われた小松和彦先生の講座に行って来ました。

今回の内容は先生が出版された『百鬼夜行絵巻の謎』についてです。本を読んでない人にも分かる様に丁寧に解説してくださいました。ちなみに『百鬼夜行絵巻』は様々な妖怪が行進する様を描いた絵巻の総称です。その中でももっとも有名だといわれているのが京都の大徳寺真珠庵が所蔵する「真珠庵本」と呼ばれる作品です。

通常はこの絵巻を中心に百鬼夜行絵巻の系譜を考えていくのですが、小松先生は「日文研本」と呼ばれる「真珠庵本」とは内容が重複せず、最後に黒雲が立ち込める絵巻を入手したことにより、「真珠庵本」はあくまで数ある摸本の一つに過ぎないのではないか、もっと別の絵巻を重要視するべきではないかという考えに至り、数多くの百鬼夜行絵巻の内容を比較した研究を行いました。その結果がこの本なのです。

内容は『百鬼夜行絵巻の謎』を読めばそのままなので興味のある人は是非読んでください。最後にアマゾンへのリンクがあります。ふんだんにカラー図版が使われていて絵を見るだけでも楽しめます。

著作権的に講座の内容はどこまで書いちゃいけないのか良く分からないので講座本来の内容とは少しずれた、個人的に面白かった話をいくつか書いてみます。問題があれば記事は削除します。それとうろ覚えだからちょっと違うかもしれないけど細かいことを気にしてはいけない。

  • 「日文研本」は通常300万だった物が安売りされ200万ちょっとで買ったけど京極先生によると今なら1000万で売れそう。
  • 絵巻は研究者でもなかなか見せて貰えない。東京国立博物館の絵巻なんかは特に研究者が見るたびに痛むので現物はなかなか見せてもらえない。
  • 今回はこちらが絵巻の撮影をプロに依頼し、全額負担するという条件でたくさんの絵巻の写真を手に入れた。ものすごくお金がかかった。
  • 今のところ集めた絵巻のデータは60本ぐらいだけど一般の人からも写真を提供してもらったりしてこれからもどんどん増えるだろう。
  • 「真珠庵本」の絵は原在中に似ている。
  • 百鬼夜行の伝統を考えると付喪神のみの「真珠庵本」は特殊で様々な異形が混じっている絵巻のほうが日本人の妖怪観に近いんじゃないか。
  • 出版の時、出版社に色々融通してもらい、通常の新書は巻頭にしかカラーが無いのに、重要な絵図をしっかり見せるためふんだんにカラーページを入れてもらった。そのため印税がちっとも入らなかったが、最近増版されて少し入ってきた。

だから新書とは思えないカラーの多さだったのかと納得しました。『百鬼夜行絵巻の謎』はあのお値段であのカラーさは破格です。小松先生の研究のために是非買いましょう。

受講生の年齢層は結構広いみたいでご年配の方から若者まで幅広くいました。ただ、講座の後サインを貰いに言ったのは若者が多く小松先生のファン層のようです。もちろん私もですのでばっちりサインを頂きました。サインに「妖怪天国」とはいかす。

それとこの夏、国立歴史民俗博物館と国文学研究資料館で『百鬼夜行の世界-百鬼夜行絵巻の系譜-』展をするそうです。しかもこの展覧会は研究の成果を発表する場らしく「真珠庵本」だけでなく『百鬼夜行絵巻の謎』の本の中で触れられている主要な絵巻が一同に会するらしい。こりゃ行かねば!

この展覧会で出た図録は展覧会の後、角川から出版されるらしいです。装丁が少し変わる程度だそうですがどうせなら展覧会で入手したいです。もちろん行くつもりだけど遠いから民博あたりで図録だけでも先に買えたらいいのにな。

このブログでもこの夏のイベントをまとめたのでよかったら参考にしてください。

【妖怪小ネタ】夏休み妖怪イベント

 

あと講座の内容とは関係ないですが小松先生曰く「大化」は火の玉かもしれないらしい。私としてはもし火の玉なら周りに火炎をまとっていると思うので違う気がするのですが、大化の謎は深まるばかり・・・だがそれがいいのです。

本のリンクです。アフェリエイトが嫌いな人はググってね。

押してもらえると励みになります→ 拍手する



( 2009/07/28 20:48 ) Category お出かけ | TB(0) | CM(0) | top↑

【妖怪小ネタ】夏休み妖怪イベント

楽しい夏休みの楽しい妖怪イベントを思いつく限り並べてみた。大人料金しか書いていないです。
関東行くかも。

【幽霊画を見たい】
『円朝まつり(幽霊画の一般公開)』
場所:全生庵(東京)
期間:8/1~8/31(10時~17時)
料金:500円
サイト:山岡鉄舟ゆかりの寺「全生庵」
*一見の価値あり!

『幽霊博物館』
場所:大念仏寺(大阪)
期間:8/23(9時~16時)
料金:無料
サイト:おもろいで平野
*炎天下で長時間並ぶ可能性があるので帽子とお茶は必須。ついでに全興寺にもよるといいよ。

【妖怪画を見たい】
『百鬼夜行展』
場所:高台寺 圓徳院(京都)
期間:7/11~8/31(10時~17時)
料金:500円
サイト:高台寺
*絶対に行く予定。

『百鬼夜行の世界』人間文化研究機構 連携展示
場所:国立歴史民俗博物館(千葉)
期間:7/18~8/30*月曜休館(9:30~17:00)
料金:420円
サイト:国立歴史民俗博物館【れきはくホームページ】
*娯楽よりも研究発表的な展示と小松和彦先生がおっしゃってました。真珠庵本が来るので是非見に行きたい。

『百鬼夜行の世界』人間文化研究機構 連携展示
場所:国文学研究資料館(東京)
期間:7/18~8/30*日祝休室8/30除く(10時~16時)
料金:300円
サイト:百鬼夜行の世界
*上記の展覧会と連携展示。

『妖怪天国ニッポン -絵巻からマンガまで- 』
場所:京都国際マンガミュージアム(京都)
期間:7/11~8/31(10時~7時30分)
料金:1000円
サイト:京都国際マンガミュージアム
*兵庫でもやっていた展覧会が京都にも来たよ。展示物はほぼ同じなのでそっちで見ていたら無理して見に行かなくてもいいと個人的に思う。行くなら図録だけ本屋で先に買っとくと予習できていいと思う。
関連記事→「妖怪天国ニッポン」展に行って来ました

『水木しげるの妖怪道五十三次展 』
場所:加古川総合文化センター美術ギャラリー(兵庫)
期間:8/1~8/30
料金:500円
サイト:加古川総合文化センター


『ゲゲゲの鬼太郎~妖怪道五十三次の世界』
 会場 草津市立草津宿街道交流館 (滋賀)
場所:7/14~8/30
料金:200円
サイト:草津宿街道交流館


「オディロン・ルドン」展
場所:姫路市立美術館(兵庫)
期間:7/10~8/30*月曜休館(10時~5時)
料金:1000円
サイト:姫路市立美術館
*イチオシ☆異論は認めない!

【イベント的なもの】
『お化け大学校』
場所:東映太秦映画村(京都)
期間:7/25~8/31(9:00~17:00)
料金:2200円
サイト:東映太秦映画村
*妖怪会議はなくなっちゃったね。細かいイベントはサイトで確認して下さい。ついでに妖怪電車に乗ればいいと思う。

『妖怪電車』
場所:嵐電(京都)
期間:8/17~8/23
料金:200円(妖怪に仮装した場合50円)
サイト:今年も出るぞ~妖怪電車!
*時刻表はリンク先で確認してね。ヘッドマーク募集中だって。応募してみようかと思ったけどこの賞品は……。
他にも大将軍商店街で妖怪喫茶をしているらしいけど大将軍商店街の公式ページに載ってないのはなんでだろう。

『高尾山・天狗イベント』
場所:高尾山周辺(東京)
期間:8/1~8/31
料金:ものによる
サイト:京王グループ
*色々やるみたいなので細かいことはサイトで確認して下さい。

他にもあるかもしれないけど目に付いた分です。明日は小松先生の講座の感想文を投稿する予定。



追記:
mntlogさんのところの記事で知ったのですが横浜市西区老松町の横浜市中央図書館で8/16まで怪談本の展示をしているそうです。

…実は16日近くに関東に行く予定があったりする。


さらにおまけ、テレビのニュースで見たのを思い出したからリンクだけ載せとく。

【お化け屋敷】
世にも「美しい」お化け屋敷 京都に出現! : イベント : J-CASTモノウォッチ

百鬼夜行!?手作りお化け屋敷 26日、栗東芸術文化会館:京都新聞

押してもらえると励みになります→ 拍手する



( 2009/07/27 20:35 ) Category 日記 | TB(0) | CM(2) | top↑

【4コマ】雨男の勝利

今日はルドンを見に行きます。
メイキング好評だったようなのでまたそのうちやろうと思います。
びすけ
まめ太郎
みづは



WRCに投票
←面白かったら一票お願いします (別ウィンドウで確認ページが開きます)

押してもらえると励みになります→ 拍手する



( 2009/07/26 00:10 ) Category まよひが奇譚 4コマ | TB(-) | CM(2) | top↑

【4コマ】最後の怪異

今日は小松先生を見に行きます。青行灯のようにならないか心配です。
追記:小松先生にサインしてもらった!
びすけ
まめ太郎
みづは
青行灯



WRCに投票
←面白かったら一票お願いします (別ウィンドウで確認ページが開きます)

押してもらえると励みになります→ 拍手する



( 2009/07/25 00:10 ) Category まよひが奇譚 4コマ | TB(-) | CM(0) | top↑

聖地寧波展の感想

奈良国立博物館で行われている聖地寧波展に行って来ました。続きを読むからでどうぞ。

>>続きを読む

押してもらえると励みになります→ 拍手する



( 2009/07/23 21:24 ) Category お出かけ | TB(0) | CM(0) | top↑

蜈蚣を射るの図メイキング

蜈蚣を射るの図のメイキングです。

簡単に普段どんな感じで絵を描いているかの説明です。ブログの容量も制限があるので今回 「Flickr」という画像保存サービスを使ってみました。簡単にアップロードできるし容量も多いのでこれから漫画やイラスト以外はFlickrを利用するのもありかもしれない。

画像が多く重いので「続きを読む」にしています。



>>続きを読む

押してもらえると励みになります→ 拍手する



( 2009/07/22 22:38 ) Category 思うところ | TB(-) | CM(0) | top↑

「妖怪天国ニッポン」京都漫画ミュージアム編の感想

よろしければ兵庫県立歴史博物館での感想もあわせてどうぞ

「妖怪天国ニッポン」展に行って来ました

今回は京都国際漫画ミュージアムで行われた「妖怪天国ニッポン」の感想で、兵庫との比較が中心です。あくまで私個人が感じたことで正しい意見とは限りません。どちらかといえば否定的な意見が多いので、それでもいい人だけ「続きを読む」からどうぞ。



>>続きを読む

押してもらえると励みになります→ 拍手する



( 2009/07/21 20:05 ) Category お出かけ | TB(0) | CM(0) | top↑

にっき

カウンターが一万いきました。カウンター至上主義になりたくはないですが、自作カウンターの桁が増えるのは嬉しいです。暫くカウンターの先頭にまめ太郎が居座り続ける予定です。

今まで拍手を下さった方、コメントを下さった方ありがとうございます。また前回のキャプションに対しコメントを下さった方、とても嬉しかったです。あまり拍手コメントに記事で逐一返事をするのもよくないと思い控えていますが、いつもコメントを頂くとやる気が出ます。感想を書いてもらったときはとても参考になっています。

好きな妖怪の名前だけでもいいのでお気軽に書いてもらえたら嬉しいです。

だからこそ余計に先日起こったFC2の拍手データ喪失はとても残念です。ここ以外にも数多くのブログの拍手データが消えたそうです。最近よくサーバーもよく落ちるので少し不安です。嘆いても仕方が無いのでバックアップだけはきちんととっておこうと思います。

4コマ漫画ももうすぐ100行きそうですし、その時には短編の漫画を記念に載せたいです。「まめ太郎の人生記」か「びすけとみづはが出会う話」のどちらかになる予定です。

それと「ブラコンのヤンデレ妹」の歌を作っています。詩が電波な感じになりましたが作曲は面白いです。

たいした変化ではありませんが「イラストサムネイル」 を更新しました。「その他イラスト」は10枚溜まったらサムネイルを作ります。

押してもらえると励みになります→ 拍手する



( 2009/07/20 23:13 ) Category 日記 | TB(0) | CM(0) | top↑

【4コマ】初めての百物語

今日カウンターが一万行きそうです。記念に好きな妖怪でも何でもいいのでコメント下さると嬉しいです。
びすけ
まめ太郎
みづは



WRCに投票
←面白かったら一票お願いします (別ウィンドウで確認ページが開きます)

押してもらえると励みになります→ 拍手する



( 2009/07/19 00:01 ) Category まよひが奇譚 4コマ | TB(-) | CM(0) | top↑

【4コマ】夏の風物詩

百物語を一度はしてみたいものです。
びすけ
まめ太郎
みづは



WRCに投票
←面白かったら一票お願いします (別ウィンドウで確認ページが開きます)

押してもらえると励みになります→ 拍手する



( 2009/07/18 01:38 ) Category まよひが奇譚 4コマ | TB(-) | CM(0) | top↑

翔歌トリ

翔歌トリのラフの完成品です。その内自作の曲を作って歌わせようと思っています。


曲は大体出来ました。後は歌と動画用の絵を用意する予定。

試作 powerd by ピアプロ

押してもらえると励みになります→ 拍手する



( 2009/07/17 00:11 ) Category その他イラスト | TB(0) | CM(0) | top↑

おさかな天国

たまにこういう絵を描きたくなります。


押してもらえると励みになります→ 拍手する



( 2009/07/16 00:27 ) Category その他イラスト | TB(0) | CM(0) | top↑

コマ撮りのアニメーション

noboさんという素敵な絵を描く方がいるのですが、最近コマ撮りのアニメーションを作っているようで気になって仕方ありません。

まだ途中までですがすごく楽しみです。


noboさんの作品集(youtubeにまだいくつか動画があります)



noboさんのブログはこちらです
変な絵を描いた (*?Д?)!!

押してもらえると励みになります→ 拍手する



( 2009/07/15 01:44 ) Category 日記 | TB(0) | CM(0) | top↑

蜈蚣を射るの図

俵藤太の百足退治を意識しました。多分みづはが百足にストーキングされておやびんに泣きつくような話です。その内メイキング作る予定。 (メイキング作りました→蜈蚣を射るの図メイキング

PIXIVのデイリーランキングに二日間入りました。

追記:deviantARTのDaily Deviationにも選ばれました。やったね!


押してもらえると励みになります→ 拍手する



( 2009/07/13 19:19 ) Category まよひが奇譚 イラスト | TB(0) | CM(0) | top↑

【4コマ】大きくなったら

私の子供の頃の夢はケーキ屋さんでした。
びすけ
まめ太郎
みづは



WRCに投票
←面白かったら一票お願いします (別ウィンドウで確認ページが開きます)

押してもらえると励みになります→ 拍手する



( 2009/07/12 00:58 ) Category まよひが奇譚 4コマ | TB(-) | CM(0) | top↑

【4コマ】いっぱいしっぱい

懲りずに前回から続いています。→【4コマ】星に願いを
そして人物紹介にも書いていますがびすけはぼくっ子ではないです。
びすけ
まめ太郎
みづは



WRCに投票
←面白かったら一票お願いします (別ウィンドウで確認ページが開きます)

押してもらえると励みになります→ 拍手する



( 2009/07/11 15:19 ) Category まよひが奇譚 4コマ | TB(-) | CM(0) | top↑

翔歌トリのラフ

本題とは関係ありませんが、最近初めてPIXIVのデイリーランキングに入りました。とても嬉しいです。

で、ここから本題です。以前弟がRPGツクールが大好きなのに影響されてゲームを作ろうとしたことがあるのですが、ドット絵と作曲をしたら満足をしてしまい結局作りませんでした。そこで何曲かストックがあるのでそれを歌わせてみようと思い最近「UTAU」をいじっています。

「UTAU」というソフトは無料で使えるボーカロイドのような物です。人の声で歌わせられるのですが、その中でも有名なソフト「重音テト」を以前使ってみたところ難しくて挫折しました。そこでくじけていたのですが、最近別の音源で挑戦してみたところ思っていた以上にらしく歌ってくれました。音域が合っていなかったようです。今使っているのは「翔歌トリ」という音源です。作曲はゲーム曲用しかしたことがないので難しいですが面白いです。いつか動画にしたいと思っています。

↓ニコニコ動画にある作者さんの翔歌トリの曲です。ここから音源に行けます

 ↓ついでに私が描いた七夕用のイラストラフ。今PIXIVで七夕イベントをしています

七夕

押してもらえると励みになります→ 拍手する



( 2009/07/10 21:31 ) Category らくがき | TB(0) | CM(0) | top↑

三味長老(しゃみちょうろう)

【よいこの妖怪図鑑】

昔、あるところに若くして国師長老となった僧がいた。彼は三味線の名人で、愛用の見事な名器を持っていた。しかし、その若さゆえにある僧に妬まれ嫌がらせをされて失意の内に亡くなってしまった。

ある日、若い僧を虐めていた僧が殿様の前で三味線を披露することになった。彼は若い僧が持っていた三味線を持ち出し演奏した。しかし不思議なことに音が鳴らず、怒った殿様は僧を打ち首にしてしまった。

今でもその三味線を保存している寺では夜な夜な三味線の音が聞こえるらしい。

【妖怪図鑑大人向け解説↓】
鳥山石燕の『百器徒然袋』にある図のみの妖怪です。今回の捏造話は特に突っ込みどころが多いですが気にしない。
ついでに三味線って長持ちしないから古い名器は存在しないんだってさ。そういえば三線なんか沖縄から出すと気候の違いで皮が破れるそうだからデリケートな楽器なのかもしれない。

押してもらえると励みになります→ 拍手する



( 2009/07/09 00:20 ) Category 妖怪図鑑 妖怪 | TB(0) | CM(0) | top↑

絡新婦(じょろうぐも)

【よいこの妖怪図鑑】

女郎蜘蛛は齢400歳の女郎蜘蛛がなるといわれる妖怪だ。『太平百物語』や『宿直草』などの文献にも見られ、美しい女の姿をしており男を誑かし食べてしまうという。水辺に住んでいることが多くこのような伝説が残っている。

静岡県田方郡天城湯ヶ島町の浄蓮の滝には女郎蜘蛛が住んでいた。ある時男が滝の近くで休んでいると男の足に蜘蛛の糸がかかる。不審に思った男はその度に近くの桑の古株にその糸をつけていた。暫くすると突然古株が大変な勢いで滝つぼに引き込まれてしまったのであった。

人気の無い道を通ると体中に蜘蛛の糸がつくことがあるが、ひょっとするとそれも絡新婦の罠かも知れない、蜘蛛の糸はすぐに外すようにしよう!

【妖怪図鑑大人向け解説↓】
Wikipediaに「絡新婦はもともとはクモで齢400歳をむかえると妖力がついて、人間の女に化けるとされている。」と書かれているのですが出典は何だろう。とりあえず、パクってみました。あとは一般的な説明です。

押してもらえると励みになります→ 拍手する



( 2009/07/07 22:05 ) Category 妖怪図鑑 妖怪 | TB(0) | CM(2) | top↑

【4コマ】星に願いを

前回から続いています。→【4コマ】偉い人
びすけ
まめ太郎
みづは



WRCに投票
←面白かったら一票お願いします (別ウィンドウで確認ページが開きます)

押してもらえると励みになります→ 拍手する



( 2009/07/05 01:01 ) Category まよひが奇譚 4コマ | TB(-) | CM(0) | top↑

【4コマ】偉い人

七夕です。
びすけ
まめ太郎
みづは



WRCに投票
←面白かったら一票お願いします (別ウィンドウで確認ページが開きます)

押してもらえると励みになります→ 拍手する



( 2009/07/04 10:46 ) Category まよひが奇譚 4コマ | TB(-) | CM(2) | top↑

塗仏(ぬりぼとけ)

【よいこの妖怪図鑑】

塗仏は日本のゾンビとも言うべき邪悪な妖怪だ。魔道に落ちた僧侶が真新しい死体に黒い塗料を塗りつけることによって怨念を封じ込めた醜悪な仏像である。その黒い塗料は別名チゴテといい嬰児を使用するといわれており、単品ではどんな傷をも治すと言われている。

この仏像は術者の意のままに動き、相手を呪うことが出来るがそのあまりの恐ろしさに使用者は必ず地獄に落ちるという。まさに地獄の仏である。

廃仏毀釈の折にすべて滅ぼされたと言われているがもし何かの間違いでこれに祈りを捧げてしまったら…

黒い仏像には気をつけよう!

【妖怪図鑑大人向け解説↓】
石燕の「画図百鬼夜行」や「百怪図巻」で見られる謎の妖怪です。松井文庫の「百鬼夜行絵巻」には「黒坊」という名前で記されています。
上記の説明は清々しいぐらいに嘘っぱちです。そんな仏像ないです。
「塗」という感じには封じ込めるという意味があるらしくこんな内容にしてみました。他には仏壇から現れて人を驚かすとか色々言われているそうですが基本的に姿だけの妖怪なので設定は好きにすればいいと思います。

押してもらえると励みになります→ 拍手する



( 2009/07/03 23:46 ) Category 妖怪図鑑 妖怪 | TB(0) | CM(0) | top↑

PIXIV妖怪イラスト紹介その2

PIXIVで見つけた素敵な妖怪イラスト紹介、調子にのって二回目です。
今月からPIXIVで妖怪企画が始まりましたし、これから夏に向けて妖怪イラストが増える予感
来月もちゃんと続いたらカテゴリー分けしよう。

前回はこちら→PIXIV妖怪イラスト紹介



とても楽しいデフォルメのキャラクターたちです。



本来はグロテスクな妖怪がキュートに描かれているのを見るのは楽しいです。



ぬっぺっぽうは元から好きですがこれだけ並べられると楽しくて仕方がありません。



こういう色っぽくて怪しい雰囲気はいいですね。



タイトルどおりにとても楽しいです。



可愛らしい姉妹が素敵です。



こちらは修行している河童。でも修行になってなさそうなところが可愛らしいです。



綺麗な天狗です。私は天狗には弱いのです。



この何ともいえない表情にも弱いです。



仲良し兄弟か親子でしょうか。奇妙でかわいいです。

押してもらえると励みになります→ 拍手する



( 2009/07/02 00:00 ) Category 日記 | TB(0) | CM(0) | top↑

桂男(かつらおとこ)

【よいこの妖怪図鑑】

満月でない時に長時間月を見ていると月の隈が人の姿に見えてくることがある。それが桂男だ。

この男は元々西河(中華人民共和国の地名)の呉剛という者で、仙術を学んでいたのだが罪を犯し、月に生える桂の樹を刈ることを命じられた。しかしこの樹は切っても切ってもすぐに生えてき、いつまでたっても償いは終わらないのである。こうして呉剛は桂男となったのである。

この妖怪に手招きされた者は次の満月までに死んでしまい、その魂は月に居る桂男に使役されてしまうのだ。

月を見るときは気をつけよう!

【妖怪図鑑大人向け解説↓】
『桃山人夜話』などに描かれている妖怪です。死ぬのではなく寿命が縮まるだけで、使役されたりはしません。

押してもらえると励みになります→ 拍手する



( 2009/07/01 21:37 ) Category 妖怪図鑑 妖怪 | TB(0) | CM(0) | top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。