坊譚

妖怪イラスト&漫画ブログ

妖怪図鑑:目次
月別アーカイブ ≪前月 |  2009年11月  | 翌月≫]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

押してもらえると励みになります→ 拍手する



( --/--/-- --:-- ) Category スポンサー広告 | TB(-) | コメント(-)| top↑

【4コマ】シークレットゲタ

そういえば四国の山中で河童禅道場という看板を見たのですがあれは何だったのでしょうか。
びすけ
まめ太郎
みづは



WRCに投票
←面白かったら一票お願いします (別ウィンドウで確認ページが開きます)
スポンサーサイト

押してもらえると励みになります→ 拍手する

スポンサーサイト


( 2009/11/29 09:57 ) Category まよひが奇譚 4コマ | TB(0) | CM(0) | top↑

【4コマ】対抗心

今朝バナーを修正したら、間違ってアドレスが変わってしまい、サーチサイトに修正しに行く羽目になりました。
ブログは画像をアップしなおすとアドレスが変わるから困る。
びすけ
まめ太郎
みづは



WRCに投票
←面白かったら一票お願いします (別ウィンドウで確認ページが開きます)

押してもらえると励みになります→ 拍手する



( 2009/11/28 14:53 ) Category まよひが奇譚 4コマ | TB(0) | CM(0) | top↑

青春十八切符の思い出

青春18きっぷ使用者にしかわからないこと ぶる速-VIP

なんとなくこの記事を読んで懐かしくなったので。

昔はよく使いました。北は北海道、南は鹿児島まで行っています。私は大阪に住んでいるのですが、京都などによく遊びに行くため今でもたまに利用します。この切符は2300円ほどで一日JR乗り放題という夢の切符で一部宮島なんかは船なども乗れます。ただし、新幹線や特急などには乗れません。



>>続きを読む

押してもらえると励みになります→ 拍手する



( 2009/11/27 19:50 ) Category お出かけ | TB(0) | CM(0) | top↑

稲生物怪録とか

稲生物怪録ネタですが、適当に以前思いついたことを言っているだけなので真に受けないように。

以前、「妖怪大戦争」の映画を見に行った時、最後のクライマックスで、稲生物怪録の山本五郎左衛門と神野悪五郎、更にその大元の妖怪として「妖怪大翁」という名の水木先生が登場しました。

大勢の観客は真剣な顔で見ていましたが、京極先生・荒俣先生がばっちり衣装を身につけ、見事な演技をしているのに対して「妖怪大翁」の飾らない普段どおりさに思わず爆笑していたら、周りの観客に睨まれました。

あれは危険な映画です。

それはさておき話の元となっている「稲生物怪録」ですが、これは広島の三次で稲生平太郎という少年が、触ると祟りのある石に触れたため、一ヶ月にわたり屋敷に妖怪が表れ怪異をなし、最後その総大将の魔王「山本五郎左衛門」があらわれ、平太郎の勇敢さに魔王を呼ぶ小槌を渡し、去っていくと言う話です。

この中で山本は、「神野悪五郎」とどちらが妖怪の総大将になるのかを争っていると語りますが、二人が争っていると言うことは当然二人より上の現大魔王がいるはずで、それを妖怪大戦争の中では「妖怪大翁」として登場させていました。

自分が稲生物怪録をモチーフとして創作をするとしたら、現魔王は誰なのかと少し考えてみました。

そこで注目したのが争っている二人がどちらも『五郎』。ということは現魔王も『五郎』なのではないかと思うのです。つまり「大五郎」「五郎王」「超☆五郎」あたりがよいのではないかと思います。

もちろん、二人が五郎なのは意味があるのではないかと思います。

「五郎」という言葉は「御霊」という言葉に似ており本来御霊と呼ぶべきを五郎と転訛することがあります。つまりこの二人も本当は「御霊」なのではないか。

他に五郎のつく強そうなものは「権五郎」とか「五郎王子」とかでしょうか。

そういや『稲生物怪録絵巻集成』が欲しいのですが高いんだよね。サンタさんがくれないかな。

押してもらえると励みになります→ 拍手する



( 2009/11/25 22:24 ) Category 思うところ | TB(0) | CM(0) | top↑

教えて☆件

アマゾンのイラストコンテストの漫画部門用に描いてみました。Photoshopを使って色をつけています。普段加工メインで使っているのであまりカスタマイズしておらず手間取りましたが面白かったです。


押してもらえると励みになります→ 拍手する



( 2009/11/22 22:05 ) Category その他イラスト | TB(0) | CM(0) | top↑

第三話 家具のある生活③

【まよひが奇譚】第三話 家具のある生活③

これで三話完結です。今まで読んでくださった方ありがとうございます。

ラフ漫画とはいえ長かったです。大体何を描くかはもう考えてはいるのですが、暫くは長編は休憩です。描いてみて思ったのですが、漫画はイラストよりも流れで説明できるので生活観が出しやすくて面白いです。

複雑なストーリーや動きのあるものはまだ創れそうに無いのでせめてファンタジーらしい世界観を少しでも見せられるようなものを描きたいです。

次描くとしたらタイトルは「べとべとさんの夜」で雰囲気重視の短いものになると思います。


WRCに投票
←お気に召したら漫画ランキングに投票してもらえると嬉しいです

押してもらえると励みになります→ 拍手する



( 2009/11/21 11:06 ) Category まよひが奇譚 長編 | TB(0) | CM(0) | top↑

短編を描きたい

次描こうと思っている短編漫画の表紙ラフです。
長編は明日の更新で一旦一休みして練習に読み切りの短編を描こうと思います。ちょうどPIXIVでも漫画のコンテストのようなものをやっているみたいですし、間に合えば投稿してみたいです。
足神

ささやかですが、バナーを少し変更しました。ほとんど変わりがありませんがびすけの顔付きが少し変わったのと絵がちょっとだけ滑らかになりました。

押してもらえると励みになります→ 拍手する



( 2009/11/20 19:43 ) Category らくがき | TB(0) | CM(0) | top↑

三話予告

バトル漫画なんて技量不足で描けないです。
今後の展開は強引ですが気にしてはいけません。

押してもらえると励みになります→ 拍手する



( 2009/11/19 22:39 ) Category 日記 | TB(0) | CM(0) | top↑

百万遍の手作り市

京都百万遍の手作り市に行って来ました。

この市は自分で創ったもの専用のフリーマーケットで多くの人で賑わっていました。ジャンルは幅広く、アクセサリーや手芸品、漬物や農作物など様々です。

人が多すぎて友人とはぐれない様にするのが精一杯であまり細かくみる余裕が無かったのが残念ですが、色んなものがあって面白かったです。

特に目に付いたのがお菓子類とアクセサリーです。マフィンやクッキーを売っているところが多く、行列が出来ていました。アクセサリーはアクリル樹脂を使っていると思われるものが多く、人気です。こちらも女性で賑わっています。

自分がやるならポストカードかなと思いそのようなブースをチェックしたのですが、この市は朝の6時に入り口からダッシュして場所を奪い合うらしいのに何故か同じような場所にポストカードブースが固まっていました。ポストカードのデザインだけでなくディスプレイが色々凝っていて面白く、回転するポストカード立てがかっこよくちょっと欲しいです。他にも判子屋さんが可愛く、こういうグッズを自分でも創りたくなりました。

そういえば会場で椅子を売っているところがあり、持って帰れるのかと思っていたのですが、帰りに抱えた人がいたので問題ないようです。家が近くならいけるのかもしれません。

全体的に見て思ったのがもっと創作という感じの用途不明の不思議なものがあるかと思ったのですが、どちらかというと実用重視の家庭科的なものが多いように思います。そういう意味でも食べ物・装飾品は特に人気があります。後は素人がやっているというより、普段店で出しているのを持ってきているようなのが多い気がします。気になってググって見たら創作活動で食べている人も参加しているようです。

ちょっと自分でもグッズを創ってみたくなりました。神戸の摩耶山でも創作フリマがあり友人が興味を示しているのでもしやるならついでにポストカードや判子やおみくじあたりを作って参加したいです。

押してもらえると励みになります→ 拍手する



( 2009/11/16 23:27 ) Category お出かけ | TB(0) | CM(0) | top↑

【4コマ】月夜のロマンス

色んなフォントを使って見ました。でもタイトルは手書きです。
びすけ
まめ太郎
みづは




WRCに投票
←面白かったら一票お願いします (別ウィンドウで確認ページが開きます)

押してもらえると励みになります→ 拍手する



( 2009/11/15 00:01 ) Category まよひが奇譚 4コマ | TB(0) | CM(0) | top↑

【4コマ】乙女のたしなみ

化粧は苦手です
びすけ
まめ太郎
みづは
くらみ




WRCに投票
←面白かったら一票お願いします (別ウィンドウで確認ページが開きます)

押してもらえると励みになります→ 拍手する



( 2009/11/14 14:40 ) Category まよひが奇譚 4コマ | TB(0) | CM(0) | top↑

キャラクター色見本

色見本的なラフイラストです。
びすけの腰の紐は朱色でもいい気がしてきました。
比率2

押してもらえると励みになります→ 拍手する



( 2009/11/13 22:53 ) Category らくがき | TB(0) | CM(0) | top↑

真平(まっぴら)

【よいこの妖怪図鑑】

夜道を歩いていると、どこからともなく「ごめん、ごめん」と気持ちの悪い声が聞こえる。それは真平(まっぴら)という妖怪の仕業であると言う。それにはこのような話があるという。

昔、真平(しんぺい)という職人がいた。彼には生き別れの妹がおり、それを探し続けていたがとうとう見つからなかった。

ある時、真平は旅に出た夫の帰りを待つ人妻に横恋慕した。彼は亭主は死んだと女性を騙し、強引に妻にした。しかし亭主が帰った来たとき騙されたことを知った彼女は自殺をしてしまう。その時、真平は彼女が身につけていた守り袋で生き別れの妹と知るが、直後、亭主に殺されてしまった。

その後、夜道を歩いていると、「ごめん、ごめん」と気持ちの悪い声が聞こえるという噂がたった。

ある時、先の話の亭主が夜道を歩いているとそのような声が聞こえてきた。不思議に思い声の方に行くと犬のようなものが地面に這いつくばり、謝っていたという。

薄気味悪く思った男はその犬を切りつけると消え、その後は何事も起こらなかったという。

まことに業の深い話である。

【妖怪図鑑大人向け解説↓】
「続・妖怪図巻」の化物づくしに登場する図のみの妖怪です。
すべて捏造設定です。
犬っぽい姿をした「まっぴらごめん」と関係のある妖怪ということしか分からないので、四谷怪談の直助と袖の話をモチーフにしました。

押してもらえると励みになります→ 拍手する



( 2009/11/12 23:49 ) Category 妖怪図鑑 妖怪 | TB(0) | CM(1) | top↑

日本おみくじ紀行今昔

私は神社仏閣によく行きます。そして行った先々でしょっちゅうおみくじを引いています。

今日はおみくじの話。

日本おみくじ紀行という本があります。

これは島 武史さんが日本各地にある様々な特色あるおみくじについて説明している本です。

ですが何分15年ほど前の古い本なので情報が古くなっています。そこで私が訪れたことのある寺社のおみくじから変化をチェックしました。



>>続きを読む

押してもらえると励みになります→ 拍手する



( 2009/11/11 20:16 ) Category 思うところ | TB(0) | CM(0) | top↑

三田村信行が爽やかになっていた件

三田村信行といえば、「トラウマになる児童文学家」として有名な人です。

その物語は主要人物は主人公以外全員死亡で主人公が死んだ方がまだ救いがあったような話や、政府の陰謀によって志を立たれたり、必ず登場人物の誰かが発狂したり、短編集なのにほぼ全て救いようの無いバッドエンドだったりする内容。

真のバッドエンドとは何かということを子供達に伝える素晴らしい作品をかかれる方です。

 

が、最近図書館で本棚を見たらこのようなものを発見しました。

三田村先生!?

ラノベと見まごうばかりの可愛らしい表紙、主人公が安倍晴明・・・

 

しばらく三田村先生の作品を読んでいなかったのですが、歴史物を最近はよく書かれているらしいです。

恐る恐る一巻を読んでみたのですが、臆病だけど心優しい晴明がたくましく成長していく大変爽やかな物語でした。

今のところは。

ですが、作者はあの三田村先生です。油断は出来ません。私は蘆屋道満あたりが最後発狂するのではないかとにらんでいます。

押してもらえると励みになります→ 拍手する



( 2009/11/10 23:02 ) Category 日記 | TB(0) | CM(0) | top↑

第三話 家具のある生活②

【まよひが奇譚】第三話 家具のある生活②(21P)


これの次でこの話は完結です。基本的に一話完結ですが、三分割しているので前回までのあらすじページをつけました。最初は真面目にあらすじを描こうと思っていたのですが、途中でめんどくさくなりました。
ごめんなさい☆

目次はこちら→まよひが奇譚 漫画一覧


WRCに投票
←お気に召したら漫画ランキングに投票してもらえると嬉しいです

押してもらえると励みになります→ 拍手する



( 2009/11/08 18:51 ) Category まよひが奇譚 長編 | TB(0) | CM(0) | top↑

長編の予告

描きかけの長編の三話その2です。
明日には出来るはず・・・

押してもらえると励みになります→ 拍手する



( 2009/11/07 20:38 ) Category 日記 | TB(0) | CM(0) | top↑

小松先生の本に載っていた、黒雲の立ち込める百鬼夜行絵巻本を見ていたら描きたくなりました。

ちょっとリアルめに久々に挑戦です。以前三国志にはまっていた頃は、リアル系の武将をよく描いていました。そのためか友人に私の得意ジャンルはマッチョだと思われているようです。

一応自分では女の子を描くのが好きだと思っているので、PIXIVをはじめた当初は萌え絵描きになる予定でしたがそんなことはなかった。


押してもらえると励みになります→ 拍手する



( 2009/11/06 19:33 ) Category まよひが奇譚 イラスト | TB(0) | CM(0) | top↑

絵本「地獄」

FC2のトラックバックテーマに思うところがあったので、今まで読んだ中で一番インパクトのあった絵本について語ってみます。

その名も「絵本地獄」


アマゾンのリンクじゃ絵が無いのが残念ですが、この本は地獄絵と呼ばれるものをそのまま絵本にしたものです。

地獄絵のなかには国宝や重要文化財のものもあり、e国宝でも見ることができます。絵本のものとは違いますが内容は大体こんな感じです
e国宝 - 国立博物館所蔵 国宝・重要文化財
絵画の分野の中にありますが、地獄で検索したほうが速いかも

この本、恐ろしいことに少し大きめの図書館ならほぼ所蔵しています。小さな子ども向けの本で、本の見開きに全国のよい子達の感想が書かれており、その感想は微笑ましいというよりも明らかにトラウマになっています。地獄を扱った絵本なら「じごくのそうべい」などが有名ですが、あんな楽しい話ではありません。

内容は死んだ五平さんが生き返り、地獄について語ると言うもので、その語りが恐い。かなり子供を脅してきます。

色んな地獄を紹介していますが、私が一番怖かったのが一切絵の無い「無間地獄」のページです。蛍光色で埋め尽くされただけのページは下手な地獄絵よりも恐い。

最後は賽の河原の絵で子供の積み上げる石を崩す鬼が悲しそうな顔をしているのが印象的でした。

続編に「絵本極楽」があるそうです。まさに飴と鞭。

 

そういえば最近、以前書いた地獄に関しての記事を見つけました。テキストデータが見つからないので、冊子しかありませんが、上手く文章に変換できたらまたブログに載せようと思います。

押してもらえると励みになります→ 拍手する



( 2009/11/05 20:03 ) Category 日記 | TB(0) | CM(0) | top↑

【4コマ】淑女の遊び

小町さんは実は以前からちょくちょく登場しています。多分準レギュラーです。

びすけ
まめ太郎
みづは



WRCに投票
←面白かったら一票お願いします (別ウィンドウで確認ページが開きます)

押してもらえると励みになります→ 拍手する



( 2009/11/01 00:29 ) Category まよひが奇譚 4コマ | TB(0) | CM(0) | top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。