坊譚

妖怪イラスト&漫画ブログ

妖怪図鑑:目次

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

押してもらえると励みになります→ 拍手する



( --/--/-- --:-- ) Category スポンサー広告 | TB(-) | コメント(-)| top↑

やまらのおろちが人気のようです

キーワード解析だけはたまにチェックするのですが、「やまらのおろち」で来る人が多いのでここに誘導リンクを用意しておきます。昔作ったFlashです。
性的なものを多分に含むため自己責任でどうぞ。

百慕々語

やまらのおろちはp14です。

以下解説とか思うところ(といってもFlash内にも書いていますが)


百慕々語という百物語の性的なパロディー絵本です。
江戸時代 勝川春章によって書かれた物です。
よく面白画像として貼られているので画像については見たことがあるかもしれませんが
実は上下巻からなっています。
上巻は物語になっています。要約すると

 ある日、茶屋に居合わせた男達が、普段は部屋を暗くして行う百物語に対して、部屋を明るくして、怖くおかしく馬鹿馬鹿しい話、『百慕々語』をすることにした。
 まず一人の男が話し始めた。

 さる若殿が結婚をした。花嫁は初めて見る男性器を化け物のように思いながらも無事に初夜を終え何日かたった。
 その晩、若殿の前に以前手を付けた女中の幽霊が現れた。女中は若殿が結婚するためお局に仕事をやめさせられ自殺をしていた。 幽霊は若殿に恨みつらみを言うが、不憫に思った若殿が優しい言葉をかけると幽霊は満足し、ある絵巻を渡して消えていった。

 汗まみれで目覚めた若殿は、妙な夢を見たものだと思いながらも、周りを調べると、そこには幽霊の残した絵巻があった。
 それを開いてみると……

この有名な妖怪春画は幽霊の残したものだったそうです。

登場妖怪は

へきぞろ=節季候
ぼぼんぐわぁ=ももんが
播州まら屋敷=播州皿屋敷
ねこまら屋敷=猫又屋敷
ひとつまらこ=一つ眼
ぼぼめ=産女
ろくろつび=轆轤首
つびぎつね=釣狐
大まらそこのかくれんぼう=逢魔ヶ時のかくれんぼう?
くすのきがぼぼこん=楠木が亡魂
大いそのばけさくぞう=大磯の化け地蔵
狸のまらづつみ=狸の腹鼓
へきおんな=雪女
やまらのおろち=八岐の大蛇
せっしょうへき=殺生石
ぶんぶく小まらに毛が生えた=文福茶釜に毛が生えた


ここからは私の考えです。

その中に『大まらそこのかくれんぼう』という絵があります。

内容は
大きなマラが頭の法師のような服装の杖を突いた化け物の首(というか男根)が伸び
それに驚いた男がひっくり返り
「ごめん、ごめん」
「まらざいらく、まらざいらく、まらざいらく」
「歌七が清玄という身だ」

といっています。他は元ネタが分かるのですが、これだけはよく分かりません。
他のものは「ねこまら」や「ろくろつび」などの非常に分かりやすいものばかりなのですが。

手元の本では、まらざいらくは万歳楽の駄洒落としているものと、
まらざいらくではなく、まらだいぶつで、
驚いて念仏を唱えているとしているものの二種類があります。
私の見たところ、「まらだいぶつ」ではなく「まらざいらく」が正しいようです。
(「だ」と「ざ」の字は似ているので間違えたのではないかと思います)

また、「歌七が清玄という身だ」という会話から清玄物が関係しているのではないかと
本には書かれていましたが、私はその辺は流行語か何かで
見越し入道が関係しているのではないかと思います。

また「大まらそこ」のマラは男根で何かのパロディーなのは間違いないでしょうが、
「そこ」という言葉も性器の隠語で「僧」が原型ではないかと私は考えています。
「そこ」には窪みを指す意味で女陰とも考えられますし、
現代でも性器を指すとき「あそこ」というような意味で「そこ」もその一種ではないかと思います。

つまり「大まら僧のかくれんぼう」

そしてパロディ元は「逢魔ヶ時のかくれんぼう」であるように思います。
かくれんぼうをすると妖怪が出現するのは逢魔ヶ時。
「おおまらそこ」と「おおまがどき」は発音的に似ていると思います。
どなたか「逢魔ヶ時」にかくれんぼをすると妖怪が現れることに対して知っていることを教えてください。

それと江戸時代の妖怪の中には性器を模したものがたまにいるのも研究の余地あり。

おまけ(金山神社の絵馬堂天井)
神奈川_かなまら祭り41



参考文献


一応貼っては見たものの論文なので百慕々語を楽しむなら以前も紹介した下のがいい。
それにしても下の本は画像をアマゾンに提供したのにアソシエイトだと表示されないようです。


<<戻る

ご意見・ご感想などご自由にどうぞ
  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL
http://youkaiblog.blog75.fc2.com/tb.php/126-1ae5a526


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。