坊譚

妖怪イラスト&漫画ブログ

妖怪図鑑:目次

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

押してもらえると励みになります→ 拍手する



( --/--/-- --:-- ) Category スポンサー広告 | TB(-) | コメント(-)| top↑

坂のラフ

今描いているイラストのラフです。テーマは「坂」
厄死如来ラフ

この絵は月岡芳年の新形三十六怪撰の大きな仏像の出てくる絵が好きで、それを意識してみました。大きくて不気味な化け仏像がにょっと出てくるシチュエーションが好きでそういうのがうまく描ける様になりたいです。

仏閣めぐりをしてちょっと思ったのですが、ご本尊を薬師如来とするところに厄除坂が多いのではないかと思い厄除け坂ならぬ「厄寄坂」にして描いてみました。だからご本尊は「厄死如来」(笑)
厄除け坂というのはその階段を上ると厄除けになると言うもので詳しくは知らないのですが、大抵は男厄除けと女厄除けに分かれていたり、一段一段に一円玉が置かれていたりします。
やる気のあるところは一円玉を入れるように一段ごとに籠を用意しています。

坂といえば、神社仏閣って基本的に小高いところにあることが多いので、ものすごい坂がたまにあります。
西国三十三箇所だと上醍醐寺や施福寺が有名、四国霊場は大体山の中だから坂だらけ。
そんなきつい坂の中でも私がこれは無いと思ったのは「神倉神社」です。
手を使わないと上れない階段をはじめてみました。
さらになにがすごいって、地元民はこれをジョギングしてること。

神倉神社のある熊野近辺は「熊野三社」や「徐福公園」など面白いのでおすすめ。

押してもらえると励みになります→ 拍手する



( 2009/05/21 07:48 ) Category らくがき | TB(0) | CM(0) | top↑
ご意見・ご感想などご自由にどうぞ
  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL
http://youkaiblog.blog75.fc2.com/tb.php/161-8d205309


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。