坊譚

妖怪イラスト&漫画ブログ

妖怪図鑑:目次

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

押してもらえると励みになります→ 拍手する



( --/--/-- --:-- ) Category スポンサー広告 | TB(-) | コメント(-)| top↑

ぬっぺっぽう

【よいこの妖怪図鑑】

今は死んだ人は火葬にするけど昔は土に埋めていたんだ。そのお墓をきちんと管理する人がいる時は大丈夫だけど誰も居なくなった荒れ寺の墓の死体の肉が集まりぬっぺっぽうという妖怪になるんだ。

このぬっぺっぽうは通常、夜中に墓の周りをうろついているだけだが触れたら最後、肉の中に取り込まれてしまう。このように生きている人間を取り込み大きくなったぬっぺっぽうは人間を襲うようになるから要注意だ!

ぬっぺっぽうが現れる前は死臭のする生臭い風が吹くから気をつけよう。

【妖怪図鑑大人向け解説↓】

鳥山石燕の「画図百鬼夜行」などに登場する図だけの妖怪です。
のっぺら坊の一種とされていますが、このピンクの肉塊を見て顔の無い人間と思う人はいないんじゃないかと思います。
藤沢衛彦『妖怪画談全集 日本編(上)』で「古寺の軒に一塊の死肉の如くに出現するぬっぺらばふ」という文章から勝手に決めました。この文は石燕の絵の背景が寺だっただけなのでべつに説話は無いです。

押してもらえると励みになります→ 拍手する



( 2009/05/29 00:08 ) Category 妖怪図鑑 妖怪 | TB(0) | CM(0) | top↑
ご意見・ご感想などご自由にどうぞ
  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL
http://youkaiblog.blog75.fc2.com/tb.php/166-d7a90607


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。