坊譚

妖怪イラスト&漫画ブログ

妖怪図鑑:目次

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

押してもらえると励みになります→ 拍手する



( --/--/-- --:-- ) Category スポンサー広告 | TB(-) | コメント(-)| top↑

鯢大明神(はんざきだいみょうじん)

【よいこの妖怪図鑑】

大山椒魚は半分に切り裂かれても生きているため、中国地方では「はんざき」とこれを呼ぶ。また、古来よりこの奇怪な生き物には数多くの伝承があるのだ。これはその中の一つである。

文禄の始め、旭川の龍頭淵に巨大な大山椒魚が住んでいた。近くを通る人や牛馬を淵に引きずり込むため村のものはみなこれを恐れていたが、ある時三井彦四郎という若者がこれを退治した。全長10m胴回り5mほどの巨体であった。しかし、その後彦四郎の一族は巨大はんざきの祟りにより死に絶えてしまった。恐れた村人たちはこれを「はんざき大明神」として祀ったのだ。

祠は今でも湯原のはんざきセンター前にあり、毎年8月8日には「はんざき祭り」が行われ大変賑わっているそうだ。

【妖怪図鑑大人向け解説↓】
鳥取や広島にも大山椒魚の伝説があるようです。伝承のある妖怪は、姿を考える方が大変です。

押してもらえると励みになります→ 拍手する



( 2009/06/24 21:13 ) Category 妖怪図鑑 妖怪 | TB(0) | CM(2) | top↑
ご意見・ご感想などご自由にどうぞ
はじめまして、たまごといいます!
私は湯原に住んでいるので
ついコメントさせていただきました(笑)←

ちなみに湯原町のほうには子供たちに
[太郎]とよばれる
はんざきの像があって、
湯原と合併した二川村というところには
[花子]とよばれる像があります^^

長々とすみません::
これからも更新がんばってください!
2010/06/06(日) 17:06:11 | URL | たまご #- [編集]
こちらこそ初めまして、げげぼです。
まさか湯原の方からコメントを頂けるとは驚きです!ありがとうございます!

それにしても太郎と花子までいたとは…
いつか岡山に見に行きたいです。
2010/06/06(日) 21:56:02 | URL | げげぼ #- [編集]
  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL
http://youkaiblog.blog75.fc2.com/tb.php/189-97a1e8db


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。