坊譚

妖怪イラスト&漫画ブログ

妖怪図鑑:目次

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

押してもらえると励みになります→ 拍手する



( --/--/-- --:-- ) Category スポンサー広告 | TB(-) | コメント(-)| top↑

【4コマ】元三大師おみくじ

おみくじについて知りたい人は『まよひが~おみくじ図鑑~』にどうぞ

やや実話です(友人の)
私はおみくじについて語るとうるさいので追記を使ってみます
私のおみくじ話を読んでもいい人は下にある「続きを読む」をクリックしてください
1717


WRCに投票
←漫画ランキングに投票してもらえると嬉しいです




おみくじとくれば角大師を出したくなるのが妖怪兼おみくじ好きの性です。
角大師(元三大師)は比叡山の中興の祖と言われる人です。

多くのお寺では【元三大師おみくじ】と言われる漢詩のついたおみくじを使っています
まめ太郎が言うようにそのおみくじの元祖と言われています。
ちなみに神社では独自の和歌のついたものが多いのでおみくじをする時は注意してみてください。
また、神社のほうが凶が少ないようで、伏見稲荷なんかは大吉が一番多いです。
ただ、最近は業者製が多いのが嘆かわしいことです。
今年初詣に行ったお寺でも、今まで【元三大師おみくじ】だったのが業者製に変わっていました。
とても残念です。

角大師は天台宗のお寺ではよく祀っているので、その関連のお寺ではおみくじの解説をしてくれたりします。
有名な寺社では比叡山(横川)・三千院とかです。
ちなみに友人のひどいおみくじは三千院で出ました。
中国でもおみくじは解説がつくのが一般的らしく道教のお寺などには居士と呼ばれる占い師がおみくじを解説してくれます。(少々お金を取りますが)
おそらくそれがおみくじの古い形でしょう。

話を戻しますが、角大師はよくお札に角の生えた姿で描かれています。
ちなみにこの漫画でのデザインは鬼大師と呼ばれる絵柄からとっています。
他にも豆大師とかもあります。

そういえばこの間の旅行で【元三大師おみくじ】の元となったと言われる【観音御籤】の解説本を購入しました。英語なので読むのが大変ですが【元三大師おみくじ】と比較すると面白そうです。

参考→Busondera~蕪村寺ブログ~


<<戻る

ご意見・ご感想などご自由にどうぞ
  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。