坊譚

妖怪イラスト&漫画ブログ

妖怪図鑑:目次

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

押してもらえると励みになります→ 拍手する



( --/--/-- --:-- ) Category スポンサー広告 | TB(-) | コメント(-)| top↑

白容裔(しろうねり)

【よいこの妖怪図鑑】

白容裔は古雑巾が化けた妖怪で、玉葱の腐ったような悪臭を撒き散らし、その体に染み付いた粘液で相手の顔面に張り付き窒息死させる恐るべき妖怪だ。それにはこのような話がある。

昔、岩手県にとある藩士がいた。彼は下女と恋仲になったが、出世のため彼女に別れを告げた。怒った下女は持っていた古雑巾で男の首を絞め殺してしまった。あわてて逃げようとしたところ、その古雑巾が下女の顔に飛びつき、窒息死させたのである。その古雑巾は元は藩士が身に着けていた衣類であったという。

この白容裔にあって何を逃れるためには里芋を用意するといい。白容裔はこれが好物のため気をとられている隙に逃げることが出来るであろう。

【妖怪図鑑大人向け解説↓】
おなじみ石燕の「百器徒然袋」の創作妖怪です。徒然袋だけあって元ネタは「徒然草」の里芋大好きな白うるりさんの話からとっているそうです。
この白容裔は妖怪図鑑でもよく怪異が載っているそうなのですが、それらは山田野理夫『東北怪談の旅』の白容裔とは関係の無い話をくっつけているだけだそうです。でも妖怪図鑑ってそんなものだと思うんだ。
ちなみにその雑巾の怪異の話の元を知らないのでWikipediaに載っているあらすじを膨らませて怪談っぽく捏造しています。

押してもらえると励みになります→ 拍手する



( 2009/06/25 22:49 ) Category 妖怪図鑑 妖怪 | TB(0) | CM(0) | top↑
ご意見・ご感想などご自由にどうぞ
  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL
http://youkaiblog.blog75.fc2.com/tb.php/263-f9c92561


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。