坊譚

妖怪イラスト&漫画ブログ

妖怪図鑑:目次

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

押してもらえると励みになります→ 拍手する



( --/--/-- --:-- ) Category スポンサー広告 | TB(-) | コメント(-)| top↑

だまし絵展を見に行きました

兵庫県立美術館で行われている『だまし絵展』の感想です。
あまり好みではなかったため不満点を多く書いています。あくまでも一個人の感想と割り切れる方のみご覧下さい。
kanban

行ってきました。人気らしくて長蛇の列が出来ており、入場までに30分ほど並びました。
この展覧会は様々な騙し絵を集めたもので、今回の主役とも言えるアンチンボルドの野菜で出来た顔の絵を楽しみにして行きました。

会場に入ってびっくり、いきなりアンチンボルドが展示されています。しかもスペースが広くないので当然入り口がやたらと混みます。普通展覧会の目玉は中ほどの広いスペースに配置されるものですが、入って最初に一番混むことが素人目にも予想される場所に置かれています。本当にいいのかこの配置で?

アンチンボルトを過ぎると当然のように混み具合がましになります。そこから騙し絵が続くのですが、キャンバスにガラスがあるよう描いたようなもの、紙に描いている様に見せかけた絵、額を描いている絵などが主に展示されていました。

個人的にそのようなものは騙し絵というには何か今一つ物足りない気がしますがそういうのもありかと最初は思いました。ただ、展示品の殆どがそのようなものでした。

 日本の騙し絵も少しありました。個人的には騙し絵よりも幽霊画がいくつか見られたことがポイント高いです。さりげなく暁斎のがあったりしてよかったです。予想どうり国芳の浮世絵付近が混んでいましたが、寝かせて置かずに壁に貼ればちら見する人が出るので混み具合がましになるのではないか思います。

その後ぐらいにマグリットやダリなどのシュールレアリスムの作品もありました。マグリットの作品周辺が空いています。これ、割と有名な気がするのですが何でだろう。

その代わり奥がとても混んでいました。狭い袋小路にエッシャーが展示されています。人気の高い作品をこんなところに配置しているため人が詰まっていました。

他にも写真のように精巧に描かれた巨大な絵を写真と錯覚するような騙し絵として紹介していましたが、それは単に大きなキャンバスに描かれたリアルな絵なだけではないかと私は思います。

 

全体的に「視覚を錯覚させて楽しむ絵」というよりも「本物と見まごうばかりのリアルな絵」が多く私の期待とは違ったのが残念ですが、そのようなリアルな絵が好きな人なら楽しめると思います。

ただ、人の流れ方に考量の余地のある展覧会だと思いました。また、何をもって騙しているのかよく分からない作品もあり、作品を前にしてどの部分が騙し絵なのか分からず首をひねり、同行者と共におそらくこの部分が騙しの部分ではないのかとまるで滑ったギャグをわざわざ解説しているような会話をしている人が見られました。

この展覧会は名古屋でも展示されていたのですがその時のレビューを見てみるとアンチンボルトの展示スペースが広くてよかったというようなことが書かれていました。

 
兵庫は狭かったです。



<<戻る

ご意見・ご感想などご自由にどうぞ
  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL
http://youkaiblog.blog75.fc2.com/tb.php/345-24ea1865


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。