坊譚

妖怪イラスト&漫画ブログ

妖怪図鑑:目次

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

押してもらえると励みになります→ 拍手する



( --/--/-- --:-- ) Category スポンサー広告 | TB(-) | コメント(-)| top↑

絵本「地獄」

FC2のトラックバックテーマに思うところがあったので、今まで読んだ中で一番インパクトのあった絵本について語ってみます。

その名も「絵本地獄」


アマゾンのリンクじゃ絵が無いのが残念ですが、この本は地獄絵と呼ばれるものをそのまま絵本にしたものです。

地獄絵のなかには国宝や重要文化財のものもあり、e国宝でも見ることができます。絵本のものとは違いますが内容は大体こんな感じです
e国宝 - 国立博物館所蔵 国宝・重要文化財
絵画の分野の中にありますが、地獄で検索したほうが速いかも

この本、恐ろしいことに少し大きめの図書館ならほぼ所蔵しています。小さな子ども向けの本で、本の見開きに全国のよい子達の感想が書かれており、その感想は微笑ましいというよりも明らかにトラウマになっています。地獄を扱った絵本なら「じごくのそうべい」などが有名ですが、あんな楽しい話ではありません。

内容は死んだ五平さんが生き返り、地獄について語ると言うもので、その語りが恐い。かなり子供を脅してきます。

色んな地獄を紹介していますが、私が一番怖かったのが一切絵の無い「無間地獄」のページです。蛍光色で埋め尽くされただけのページは下手な地獄絵よりも恐い。

最後は賽の河原の絵で子供の積み上げる石を崩す鬼が悲しそうな顔をしているのが印象的でした。

続編に「絵本極楽」があるそうです。まさに飴と鞭。

 

そういえば最近、以前書いた地獄に関しての記事を見つけました。テキストデータが見つからないので、冊子しかありませんが、上手く文章に変換できたらまたブログに載せようと思います。

押してもらえると励みになります→ 拍手する



( 2009/11/05 20:03 ) Category 日記 | TB(0) | CM(0) | top↑
ご意見・ご感想などご自由にどうぞ
  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL
http://youkaiblog.blog75.fc2.com/tb.php/356-fa7059c3


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。