坊譚

妖怪イラスト&漫画ブログ

妖怪図鑑:目次

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

押してもらえると励みになります→ 拍手する



( --/--/-- --:-- ) Category スポンサー広告 | TB(-) | コメント(-)| top↑

真平(まっぴら)

【よいこの妖怪図鑑】

夜道を歩いていると、どこからともなく「ごめん、ごめん」と気持ちの悪い声が聞こえる。それは真平(まっぴら)という妖怪の仕業であると言う。それにはこのような話があるという。

昔、真平(しんぺい)という職人がいた。彼には生き別れの妹がおり、それを探し続けていたがとうとう見つからなかった。

ある時、真平は旅に出た夫の帰りを待つ人妻に横恋慕した。彼は亭主は死んだと女性を騙し、強引に妻にした。しかし亭主が帰った来たとき騙されたことを知った彼女は自殺をしてしまう。その時、真平は彼女が身につけていた守り袋で生き別れの妹と知るが、直後、亭主に殺されてしまった。

その後、夜道を歩いていると、「ごめん、ごめん」と気持ちの悪い声が聞こえるという噂がたった。

ある時、先の話の亭主が夜道を歩いているとそのような声が聞こえてきた。不思議に思い声の方に行くと犬のようなものが地面に這いつくばり、謝っていたという。

薄気味悪く思った男はその犬を切りつけると消え、その後は何事も起こらなかったという。

まことに業の深い話である。

【妖怪図鑑大人向け解説↓】
「続・妖怪図巻」の化物づくしに登場する図のみの妖怪です。
すべて捏造設定です。
犬っぽい姿をした「まっぴらごめん」と関係のある妖怪ということしか分からないので、四谷怪談の直助と袖の話をモチーフにしました。

押してもらえると励みになります→ 拍手する



( 2009/11/12 23:49 ) Category 妖怪図鑑 妖怪 | TB(0) | CM(1) | top↑
ご意見・ご感想などご自由にどうぞ
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011/04/28(木) 21:36:52 | | # [編集]
  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL
http://youkaiblog.blog75.fc2.com/tb.php/362-c93a2fee


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。