坊譚

妖怪イラスト&漫画ブログ

妖怪図鑑:目次

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

押してもらえると励みになります→ 拍手する



( --/--/-- --:-- ) Category スポンサー広告 | TB(-) | コメント(-)| top↑

新年


新年明けましておめでとうございます。去年は拍手やコメントなど沢山ありがとうございました。陰ながら応援してくださっている方もありがとうございます。おかげ様で一年間このブログを楽しく続けることが出来ました。皆様に改めて感謝申し上げます。

今年も色々更新出来るようにがんばりますのでたまにでもいいので気が向いたときに見に来てくださると嬉しいです。今年もよろしくお願いします。

イラストはクリックすると文字なしの大きい絵が開きます。以下追記はイラストに関してです。



少し前、施福寺という山の上にあるお寺に行ったら、山の上の茶屋でノンアルコールの甘酒が置いていました。

そこの主人とお話をしたのですが、甘酒というと酒粕から作られるのでアルコールが微量でも含まれているイメージが有りますが、古いタイプの製造方法は元々米麹というお酒の原料から作られているそうで、アルコールは含んでいないそうです。米のつぶつぶ感があり、とてもおいしかったです。

最近、ネット上で古写真を見ていたら甘酒売りの写真を見かけました。それを参考に描きました。

妖怪なので苦酒の方が良いかとも思ったのですが、苦いと飲みづらいので酒の隠語「般若湯」をつけ「甘般若湯」です。



<<戻る

ご意見・ご感想などご自由にどうぞ
  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL
http://youkaiblog.blog75.fc2.com/tb.php/394-8cd2f2ee


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。