坊譚

妖怪イラスト&漫画ブログ

妖怪図鑑:目次

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

押してもらえると励みになります→ 拍手する



( --/--/-- --:-- ) Category スポンサー広告 | TB(-) | コメント(-)| top↑

舞洲スラッジセンターに行ってきた

前回の記事→舞洲工場に行ってきた

 

舞洲工場から歩いて5分ぐらいでたどり着く舞洲スラッジセンターです。名前だけだと何の施設か分かりにくいかもしれませんが下水処理施設です。舞洲工場と同じ「フンデルトヴァッサー」デザインの建築物ですが、それぞれ別の建物なので別に予約しないと見学出来ません。

mgesui_01.jpg 

こちらも見学にかかるのは一時間半ぐらいです。



mgesui_03.jpg 

入り口はこんな感じです。トイレのデザインが舞洲工場よりも凝っています。

mgesui_04.jpg 

こちらもまずは講義室で説明を一時間ほど聞きます。舞洲工場はフンデルトヴァッサーの説明が多めですが、こちらは工場の仕組みについてが中心です。下水処理施設といいましたが厳密に言えば、大阪市内の下水処理施設から下水の汚いところを集めた泥(汚泥)を集め、それをスラグと言う砂のようなものに処理をするのが目的の設備です。見学の際にスラグがもらえます。スラグは砂に性質が似ているため、建設資材に使われるようです。

大阪市のマンホールは下水の流れの方向を向いていることや、大阪城の濠の水は下水を処理した水を流していることや、道頓堀を泳げるように綺麗にしたいことなど説明してくれます。

説明の後は中を見るか外観を見るか聞かれたので外観を見ることにしました。

ここはお洒落な建物ですが、舞洲工場から送られたガスの部屋とゴミ置き場だったと思います。

mgesui_05.jpg 

写真を合成してパノラマ写真を作ってみました。

mgesui_06.jpg 

ここの金の玉はイミテーションだとはげるため、すべて金箔で塗装しているそうです。気のせいか舞洲工場と言っていることが違いますが気にしてはいけません。この工場のある部分は京都の金箔師が塗装したそうです。

ここは

mgesui_07.jpg 

中はこんな感じです。スラグを集めて、この後乾燥させます。多分。

mgesui_08.jpg 

三号機が「禁じられた遊び」の物悲しいメロディーと共にスラグを集めに行きます。もうちょっと明るい曲にした方がいいと思います。

mgesui_09.jpg 

mgesui_10.jpg 

mgesui_11.jpg 

次の建物に行きます

mgesui_12.jpg 

mgesui_13.jpg

ここで汚泥から分離した乾燥前のスラグを入れています。入れる時にメロディがロシア民謡みたいな曲に変りますが終わると禁じられた遊びに戻り、悲しい気分になります。 

mgesui_14.jpg 

上から見ると多分こんな感じです

mgesui_15.jpg 

以上で終わりです。

mgesui_16.jpg 

この噴水の辺りは自由に散策ができるので建物を見てまわるだけでも楽しいです。

mgesui_17.jpg 



<<戻る

ご意見・ご感想などご自由にどうぞ
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010/03/23(火) 17:37:35 | | # [編集]
私もワッサーで習いました。去年中学生の教科書を見せてもらった時もワッサーと書かれていましたからどちらでもいいみたいですね。
無駄遣いと言われていることを職員さんはかなり気にしているらしく、見学の際もこの施設の必要性について熱心に話してくれました。

せっかくの素敵な施設ですし、市はもっとアピールしてもいいぐらいだと思います。
2010/03/23(火) 22:11:37 | URL | げげぼ #jTnGXA7s [編集]
  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL
http://youkaiblog.blog75.fc2.com/tb.php/435-02693b80


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。