坊譚

妖怪イラスト&漫画ブログ

妖怪図鑑:目次

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

押してもらえると励みになります→ 拍手する



( --/--/-- --:-- ) Category スポンサー広告 | TB(-) | コメント(-)| top↑

一本だたら

【よいこの妖怪図鑑】

もし、紀伊半島の山中に行くことがあれば「果ての二十日」と呼ばれ恐れられている十二月二十日だけは絶対に避けたほうがいい。何故ならその日は一本だたらが現れるからだ。

一本だたらは一つ目で一本足の姿をした山の妖怪だ。一本しか足がないにもかかわらず、器用に宙返りをしながら歩くという。雪の日ならその奇妙な足跡が見られることだろう。

「果ての二十日」その日さえさければ問題はないが、もしそれを破り山中で遭遇すればその皿のような目で見つめられたものは動くことも出来ず、為す術も無く巨大な足で踏みつけられて、愚かな禁忌を破った者は息絶えることであろう。

また、一本だたらを猪笹王という大猪の霊が化けたものとする説もあるが、定かではない。

古来より山の神は一本足とされているが、一本だたらも一種の山の神なのであろう。

【妖怪図鑑大人向け解説↓】
大分遅くなりましたがリクエストを頂いた一本だたらです。

イラストの参考元は国立民俗博物館にあった山の神の像です。

説明は他に補足すれば、河童が山に入ると一本だたらになるという説や人に害を与えないという話もあります。

人を動けなくして踏みつける云々の話は私の思いつきなので信じないで下さい。

押してもらえると励みになります→ 拍手する



( 2010/07/14 21:38 ) Category 妖怪図鑑 妖怪 | TB(0) | CM(0) | top↑
ご意見・ご感想などご自由にどうぞ
  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL
http://youkaiblog.blog75.fc2.com/tb.php/482-9761510a


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。