坊譚

妖怪イラスト&漫画ブログ

妖怪図鑑:目次

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

押してもらえると励みになります→ 拍手する



( --/--/-- --:-- ) Category スポンサー広告 | TB(-) | コメント(-)| top↑

2010年化け大祭に行ってきた

化け大祭に行ってきました。

土曜日は妖怪ストリートさんのところで自分の本やポストカードを委託してもらい、一日売り子をしていたのですが、炎天下に疲れ果てました。化け市化け座の方はクーラーの効いた涼しい場所で行われていたため、ちょくちょく入り浸りに行きましたが何か悔しいです。

日曜日はお昼に来たのですが、結局イベントを見に行ったのでろくに手伝いができなくて申し訳ないです。

今回は最後の妖怪会議の時は4000円だったイベントのチケットが2000円と大変お求めやすい価格になっていたので、「京都お化け巡り」と「お化け大オークション」の両方行きました。

京都お化け巡りは京極夏彦が司会でゲストがまつゆう。解説が多田克己と村上健司です。

内容は京都の妖怪スポットの紹介で、天狗(鞍馬)・狐(相国寺の宗旦狐)・鵺・百鬼夜行についてでした。相国寺にはなんども行っているのに宗旦狐の場所とは気づいていなかったので今度行くときはお稲荷さんにも行くようにしたいです。

百鬼夜行は一番良く出た場所が現在の二条城の中にあるらしく意外でした。

行ったことのある場所も結構ありましたが、いつもあまり何も考えずに出かけているので今度は意識して行ってみたいです。

「ゲゲゲの娘が語る 水木家の人々+お化け大オークション」は先に水木悦子さんが写真と共に水木先生について語る内容です。なによりもオチの写真が「ゲゲゲの女房」の顔をはめる記念撮影パネルに夫婦本人がはまっているというもので前の方の席の人が、あの写真のポストカードが欲しいという話をしていましたが、全く同意です。

オークション前に、出品リストが配布され、まず、化け市化け座の人たちから始まりましたが、大人気でどれも非常に高額で落札されていました。中でもユニークなのが怪作戦さんの妖怪リクエストで、リクエストした絵を扇に描くというものです。何をリクエストされたのか気になりましたが、会場では分からなかったのが残念です。

それと「髑髏浴衣」も素敵でした。オークションとは別ですが、映画村内の建物の一室で髑髏の展示をしていたりと面白かったです。

化け市化け座の分には書かれていませんが、他のオークションの商品には参考価格が書かれていました。それよりだいぶ高くなったりするものもありましたが、オークショニアの荒俣先生が高くなりすぎないようサービス価格で切って、手をあげている人でジャンケンをするものも多かったです。個人的には京極先生の物はどこまで上がるのか見てみたかった気もします。

それとシークレットで鬼太郎の声優さんたちのグッズ類が出品されていました。

思っていたよりもだいぶ時間がかかり、終わるのに2時間近くかかっていました。来年はもう少し涼しいといいな。

押してもらえると励みになります→ 拍手する



( 2010/09/09 20:47 ) Category お出かけ | TB(0) | CM(0) | top↑
ご意見・ご感想などご自由にどうぞ
  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL
http://youkaiblog.blog75.fc2.com/tb.php/501-974fc827


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。