坊譚

妖怪イラスト&漫画ブログ

妖怪図鑑:目次

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

押してもらえると励みになります→ 拍手する



( --/--/-- --:-- ) Category スポンサー広告 | TB(-) | コメント(-)| top↑

ぬらりひょん

【よいこの妖怪図鑑】

ある日、A君が友達のB君の家を訪ねると、今まで会ったことのない老人が出てきた。B君のおじいさんだと思い、B君のことを聞くと残念ながら用事で出かけているらしく、今日は遊べないらしい。

次の日、B君に会って話を聞くと、その日は急な用事で家族みんなで出かけていたという。家は無人のはずなのに、あの老人は一体誰だったのだろう…

このような怪異はぬらりひょんの仕業である。

普段は和歌山の山の中に住んでいるとされており、主に夕暮れ時、特に忙しい年末などによく現れる妖怪だ。みんなが慌しくする中、まるで家人のように振る舞いのんびりと居座る妖怪である。

そのあまりに堂々とした様子に、慌てている本来の家人は誰かの大切なお客さんだろと思い、気がつけばお茶とお菓子を食べた後だけが残っている何ともはた迷惑な奴だ。

妖怪の親玉という説もあるが定かではない。

【妖怪図鑑大人向け解説↓】

『妖怪図巻』に収録されている【百怪図巻】を参考にしました。石燕の【画図百鬼夜行】では名前が「ぬうりひょん」になっていましたが、【百怪図巻】では「ぬらりひょん」です。どちらにしろ姿だけで伝承などは特にない妖怪です。

ゲゲゲの鬼太郎で有名な「妖怪の総大将」という設定は、藤沢衛彦の『妖怪画談全集』、勝手に人の家でくつろぐという設定は佐藤有文の『日本妖怪図鑑』が由来で根拠となる伝承は特にないようです。

同名の海坊主がいますが、特に関係はなさそうです。

押してもらえると励みになります→ 拍手する



( 2010/09/20 17:12 ) Category 妖怪図鑑 妖怪 | TB(0) | CM(0) | top↑
ご意見・ご感想などご自由にどうぞ
  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL
http://youkaiblog.blog75.fc2.com/tb.php/507-de8fbb5b


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。