坊譚

妖怪イラスト&漫画ブログ

妖怪図鑑:目次

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

押してもらえると励みになります→ 拍手する



( --/--/-- --:-- ) Category スポンサー広告 | TB(-) | コメント(-)| top↑

鉄鼠(てっそ)

【よいこの妖怪図鑑】

鉄鼠は頼豪という天台宗の僧がなったと言われる妖怪で別名『頼豪鼠』とも呼ばれる妖怪だ。

平安時代、天台宗が延暦寺と三井寺に分裂するという事件が起こった。その際、僧を任命するための施設「戒壇」が延暦寺にしかなく、三井寺の僧が受戒するためには東大寺で行うしかなく、三井寺では戒壇の建立を望み続けてきた。

そんな折、白河天皇は三井寺の僧、頼豪阿闍梨に皇子誕生の祈祷を依頼した。

法力に優れた頼豪の祈祷のかいもあって、見事に皇子敦文親王が生まれた。喜んだ天皇に褒美を聞かれた頼豪は念願である三井寺に戒壇を置くことを望んだ。しかし、延暦寺との悶着を恐れた天皇はそれを断わり、ついに叶うことはなかった。

悲願を裏切られた頼豪は怒り狂い、百日もの間断食行を行い、一心不乱に呪いながら絶命した。その死の間際に吐いた息は大勢の大鼠となり北に向かい去っていった。

それからの事である。幾晩も皇子の夢に杖を持った白髪の老人が現れるのだ。頼豪の凄まじい怨念の化身である。次第に敦文親王は弱っていき遂には亡くなってしまった。

一方、比叡山では石のような体に鉄のような牙を持つ大鼠が無数の鼠と共に経文を食い荒らすという事件が起こった。これを頼豪の怨念と恐れた比叡山は日吉社に鼠の秀倉を作りこれを祀ったのであった。

【妖怪図鑑大人向け解説↓】

『異神』と言う本の新羅明神の話が面白かったので鉄鼠を描きました。
『平家物語』などに書かれている話です。『百鬼解読』で石燕が『画図百鬼夜行』で名付けたと書かれていましたが、これより先にはこの呼び方はなかったのか分からないです。頼豪鼠が古い呼び方のようです。

史実としては敦文親王が亡くなった七年後に頼豪が亡くなっているため俗信だと言われています。じゃあ当時は誰が敦文親王を殺したのか。『異神』ではこのような内容が書かれていました。

敦文親王の死因は疱瘡であったため、当時は疫神である貴船神や牛頭天王の祟りと言われました。また疫病は外国から来るものとされていたため、外来の神、新羅明神と繋がったのではないかと筆者は考えています。また、新羅明神=スサノオ=牛頭天王と繋がるそうです。

一方、頼豪は当時三井寺の戒壇の建立に積極的に活動しており、霊験に優れると言われておりました。八十一歳で仏前で結跏趺坐をし、五鈷杵を持った状態で入滅という、尋常ではない大往生をしています。敦文親王は無理ですが、亡くなった後、白河天皇の娘を祟り殺したと噂されたそうで、それが繋がったのではないかということです。

新羅明神は白髪に杖を持った老人の姿をしています。それは敦文親王の元に現れた、頼豪の姿と似ています。

また、三井寺の戒壇が建立されなかったため、三井寺の新羅社が鳴動し、後三条天皇に新羅明神が祟り崩御したとも言われています。つまり新羅明神はよく祟るようです。

鼠の秀倉に関しては元は干支の子の神を祭っており、そこを管理していた護因という僧の祟りの話が挿げ替えられたのではないかという事です。

個人的には三井寺に戒壇を作らせない用に白河天皇の夢に現れた神が赤山明神だそうで赤山明神VS新羅明神というのが面白かったです。

押してもらえると励みになります→ 拍手する



( 2011/02/25 22:43 ) Category 妖怪図鑑 妖怪 | TB(0) | CM(0) | top↑
ご意見・ご感想などご自由にどうぞ
  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL
http://youkaiblog.blog75.fc2.com/tb.php/561-ed56209a


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。