坊譚

妖怪イラスト&漫画ブログ

妖怪図鑑:目次

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

押してもらえると励みになります→ 拍手する



( --/--/-- --:-- ) Category スポンサー広告 | TB(-) | コメント(-)| top↑

伊勢と豊川稲荷行ってきた

GW旅行で主に伊勢と豊川稲荷行ってきました。土産がわりに行った場所を気にった写真を貼りつつ紹介です。
画像が多めですが、お暇でしたらどうぞ。

写真は伊勢神宮の近くに住む河童です。

092_三重_伊勢神宮


伊勢神宮内宮です。外宮は先に行っています。この写真だと素敵な神社ですが…

070_三重_伊勢神宮_内宮

中はこんなことに
参拝までの所要時間は20分でした。ここはどう仕様も無いですが、何箇所か無駄に列を作って参拝している社があり、警備の人が列を作らなくていいと注意しに来ていました。

066_三重_伊勢神宮_内宮 

おかげ横丁もこんな感じ。震災の影響で関東方面の人がこちら側に流れてきているらしく、関東ナンバーの車を多く見ました。

080_三重_伊勢神宮 





天岩戸です。伊勢から鳥羽に抜ける山の中にあります。水が湧いているので隠れるのは大変だと思います。

022_三重_伊勢志摩_天岩戸

綺麗な百合が置かれていました。

021_三重_伊勢志摩_天岩戸





二見ヶ浦の夫婦岩です。超有名。

057_三重_伊勢志摩_二見ヶ浦 

御祭神の猿田彦のお使いがカエルだそうです。
これは手水場です。

040_三重_伊勢志摩_二見ヶ浦 

カエルがいっぱい。

059_三重_伊勢志摩_二見ヶ浦

全くどうでもいいですが、海辺で見かけるこの植物、前々から気になっていましたが『トベラ』というそうです。

030_三重_伊勢志摩_二見ヶ浦





アフリカの彫刻を扱うマコンデ美術館です。此処に行くことが子供の頃からの夢でした。
詳しい話はまた別に記事を作るので軽く部屋の写真だけ。

 070_三重_伊勢志摩_マコンデ美術館 

  

 

名古屋にフェリーで渡り豊川稲荷です。神社と思われがちですが寺です。
ちょうどお祭りの日だったらしく賑わっていました。

213_愛知_豊川稲荷 

伏見稲荷は鳥居がたくさんありますが、豊川稲荷は幟がたくさんたっていました。

197_愛知_豊川稲荷 
 
そして狐尽くし。

189_愛知_豊川稲荷 

187_愛知_豊川稲荷 

192_愛知_豊川稲荷

大黒堂に狛犬替わりのように置かれた大黒さん。触られすぎたためかへこんでいます。

172_愛知_豊川稲荷

豊川稲荷は全体的に装飾が見事でした。灯篭や賽銭箱なども意匠が凝っています。
これは引き戸のようです。

160_愛知_豊川稲荷 

こちらの彫り物も見事なものです。

203_愛知_豊川稲荷




最後は諸国一宮の砥鹿神社です。ちょうど祭礼の日だったらしくすごい路駐状態でした。

224_愛知_砥鹿神社

賑わっています。

 225_愛知_砥鹿神社

 どうもちょうど流鏑馬(馬上で矢を射る行事)の日だったようです。といってもここのは射る真似だけでだそうです。そういえばこのGWは下鴨神社でも行われていたはずです。ちょうど流鏑馬の時期なのでしょうか。

234_愛知_砥鹿神社 

いい感じに撮れました。すごい勢いです。

 236_愛知_砥鹿神社

この装身具は古くから伝わるもので祭りの日だけお披露目されるそうです。

253_愛知_砥鹿神社

以上です。

260_愛知_砥鹿神社

<<戻る

ご意見・ご感想などご自由にどうぞ
  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL
http://youkaiblog.blog75.fc2.com/tb.php/581-c98f0669


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。