坊譚

妖怪イラスト&漫画ブログ

妖怪図鑑:目次

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

押してもらえると励みになります→ 拍手する



( --/--/-- --:-- ) Category スポンサー広告 | TB(-) | コメント(-)| top↑

第13回世界妖怪会議の感想

単に意地でも今月毎日更新のためですが、折角なので。

超今更ですが去年の第13回世界妖怪会議について書いてみます。
これはあくまでも私個人の感想です。不快に思ったらごめんなさい。

知らない人のために軽い説明をします。
世界妖怪会議は角川が発行する季刊誌『怪』が年に一度行う妖怪トークイベントです。
水木しげる大先生をはじめとする、京極夏彦・荒俣宏などの妖怪大好き豪華執筆陣が集まり妖怪談義に華を咲かせます。

私が見に行った2008年の第13回は京都の太秦映画村で行われました。
第12回も同じ場所だったので、個人的にはかなり微妙な感じがしますが映画のこともありますし大人の事情でしょう。

私はこれが初めてではなく、以前一度だけ行ったことがありました。
その時は水木大先生のすばらしいトークがかなり面白く満足いくものでした。

第13回に行こうと思ったきっかけは友人の誘いです。
問題は今回の会議には水木先生はいらっしゃらないそうで、なんだか不安感があります。

会場は妖怪のお祭り会場になっており、妖怪関係のグッズの店が沢山出ていました。
妖怪の版画の店が面白かったです。オリジナリティーあふれるデザインが面白かったので一枚買いましたがこういう味のある絵を描けるようになりたいものです。

他にも境港からの出展があったり、色んな怪奇作家の作品が置かれおり、ここを見れば現代人気の妖怪本は把握できそうです。
もちろん怪の執筆陣もサイン会をしており、敬愛する荒俣先生に大好きな『帝都物語』にサインをお願いすると妙な顔をされました。
恵子さんが好きなので『大東亜編』のある四巻にサインをお願いしたのが原因なんですが、
あまり一巻以外でお願いする人がいないのでしょう。 一巻はよく売れていました。

そんなこんなをしている内に妖怪会議の会場が開きます。
そういや、チケットが妙に高い気がします。
指定席 4,000円 立ち見 3,500円なのですがこのチケットなかなかのひどい仕様で、代金の中に映画村の入場料も含まれているのです。
これだけ聞くと妥当じゃないかと思うでしょうが、この一回4000円のイベント、祭りの期間、8月23日・24日とも一部と二部に分かれてトークイベントが計4回行われるのです。それ一回に付毎回4000円を払うことになり、全部見るには計16000円かかるのです。
つまり、トークイベント見るたびに映画村から出ていないのに入場料が二重取りされるのです。
会議一つだけを見る分には問題ないのですが。
うろ覚えですが以前はもっと安くてしかも座れて一部も二部も一度に見た気がします。

会議が始まると水木大先生抜きでいつもの怪メンバーに水木大先生の娘さんが加わり話を進めていました。

今回の内容を一言で説明すると『総集編』です。
京極先生が自作の総集ビデオを持ってこられて、みんなで水木先生の思い出話に花を咲かせるというものです。

京極先生が水木先生が今回会議に出ないのは別に体調が悪いからではなく後釜に任せるからなんだよということを特に強くアピールしていました。
私見ですが、この会議はかなりポスト水木を意識した内容だったのではないかと思います。

友人は満足していましたが、正直水木先生がいない会議にはどうしても物足りなさを感じます。
水木先生不在にかかわらず、思い出話でその穴を埋めようとするたびに穴がますます広がっていくような感じがしました。

でも水木先生もいつまでも生きているわけではないのでそろそろ後人に任せるというのは絶対に必要です。
今回は思い出話だけで終わったので、次回どのような方向に進むかを注目したいです。

京極先生のサイン
今回の祭りは会議自体よりも、周囲のイベントのほうが面白かったです。
売店に作家陣がいてサインをしてくれたり、展覧会があったり活気のあるイベントはいいものですね。
京極先生が自分でデザインした12000円の本のセットを売りさばいているのが素敵です。
妖怪会議でもですが、京極先生は本当に話し上手です。
思わず友人がセットを購入していました。


本当は売りさばく京極先生の写真を載せたいのですが肖像権的によく分からないのでやめておきます。

以上で話は終わりです。
ところどころうろ覚えですがあくまでも私の印象です。友人は大満足しています。
『怪』は好きなのでこれからも角川書店を応援しています。

追記:2009年は世界妖怪会議を行わないそうですね。思い切った方向転換をするもんだ。その代わり京都で「妖怪大学」というイベントが行われるそうです。

押してもらえると励みになります→ 拍手する



( 2009/01/30 23:31 ) Category お出かけ | TB(0) | CM(0) | top↑
ご意見・ご感想などご自由にどうぞ
  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL
http://youkaiblog.blog75.fc2.com/tb.php/68-9416086d


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。