坊譚

妖怪イラスト&漫画ブログ

妖怪図鑑:目次

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

押してもらえると励みになります→ 拍手する



( --/--/-- --:-- ) Category スポンサー広告 | TB(-) | コメント(-)| top↑

鬼(おに)

【よいこの妖怪図鑑】

『鬼』と言われて、その姿を思い浮かべられない日本人はいないだろう。

頭に角を生やし、耳まで裂けた口には鋭い牙を持ち、あの獰猛な虎の毛革で出来た腰巻きを身につけ、赤や黄や青の常人ならざる肌の色をした恐ろしい怪物の代名詞のような存在だ。

鬼は暗い山深くによく潜んでおり、偶然そこへ通りかかった不幸な旅人を食べてしまう。現在でも『鬼の窟』などと呼ばれる住居跡の洞窟が日本各地に痕跡として残されている。『鬼』という名のつく史跡を訪れたことのある人も多いだろう。

だが鬼は山だけでなく街にも現れる。

丑三つ時の人気のない通りで行列をなし、それをみただけで病気にしたり、羅城門に住み着いていた話や元興寺など寺院にも出現したという記録がある。

鬼にまつわる逸話は書き尽くせないほど数多く残されているのだ。

日本書紀にも山の上から鬼が葬式をみていた話があり、平安時代にも、ともに駆け落ちした恋人を一口で食べられてしまった憐れな若者の話も残っている。

このように、古くから日本の闇に潜んできたと言っても差し支えはあるまい。

このような恐ろしいイメージの代名詞のような存在だが、『こぶとりじいさん』に登場するような、善人に福をもたらし、悪人に罰を与えることもある。

鬼は地獄で罪人を苦しめるという話は鬼の恐ろしさに目を奪われがちだか、彼らはこぶとりじいさんに共通する性質があるのだろう。また諺や年中行事に豆を撒いて鬼を追い払う節分があるように、我々のもっとも身近な妖怪といっても過言ではあるまい。

このような勢いを誇った鬼が滅び去ったとは考えがたい。

科学主義の現代だが今もどこかに鬼は潜み、不運な者を闇の中から狙っているのだ。だが無為に不安がることはない。彼らの中には善なる者には危害を加えない者もいるのだから。

【妖怪図鑑大人向け解説↓】

言わずもがなの鬼です。

要素多すぎで説明しづらい妖怪ナンバーワンです。

鬼という言葉は元々中国で幽霊のような意味がありますが、日本では個人的には人間ベースの異形全般でカテゴリー分けしづらそうなのはみんな鬼な気がします。

角褌のお約束スタイルが出来たのは近世ですし、昔は年寄りがなる化け物的なイメージがあったんじゃないかなと鎌倉時代の地獄草子とかみて思います。

また、日本の先住民などの大和朝廷の敵対勢力とかも鬼扱いされてます。『鬼畜米兵』などもそんな感じですね。つまりよく分からない他人は鬼なので渡る世間は鬼ばかりです。

春来る鬼と呼ばれる幸福を運ぶマレビト的な鬼もよく分かんない他人なのでしょう。


押してもらえると励みになります→ 拍手する



( 2012/06/29 23:59 ) Category 妖怪図鑑 妖怪 | TB(0) | CM(0) | top↑
ご意見・ご感想などご自由にどうぞ
  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL
http://youkaiblog.blog75.fc2.com/tb.php/716-99ea65e3


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。