坊譚

妖怪イラスト&漫画ブログ

妖怪図鑑:目次

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

押してもらえると励みになります→ 拍手する



( --/--/-- --:-- ) Category スポンサー広告 | TB(-) | コメント(-)| top↑

幽霊・妖怪画大全集展の感想



幽霊・妖怪画大全集展に行って来ました。

混雑具合は日曜日十二時から見た時は大丈夫でしたが、三時頃にもう一度見た時は凄いことになっていました。

内容の感想は続きを読むからどうぞ。

去年の夏、福岡市立博物館で開催されたものが大阪に来ました。今回は特別に大阪独自の展示が追加されています。

大阪歴史博物館 特別展「幽霊・妖怪画大全集」

元々この展覧会は日本画家でもある吉川観方のコレクションが元になっています。

以前同コレクションを見に行った事がありますが、美術的にも優れたものが揃っており、非常に見応えがありました。
なのでとても楽しみにしていました。

展覧会は幽霊画コーナーと妖怪画コーナーに別れています。

まずは幽霊画のコーナーですが、
入ってすぐは骸骨がお迎えです。
骸骨は人と幽霊の間だからトップバッターだそうです。

隣がさりげなく九相図です。
この絵は綺麗な女性が腐っていく姿を描いたものです
日本では小野小町がモチーフとして定番ですが、大陸風なので楊貴妃かもしれません。

その次は幽霊画です。本と実物では迫力が違うので是非生で見て欲しいです。

残念ながら、吉川観方の幽霊画は前期では下書きのみの展示となっています。
見たい人は後期がいいかもしれません。
ただ投票イベントは前期までなので、どちらを取るかは悩みどころです。

妖怪画は伊藤若冲の付喪神図や様々な絵巻がありました。

私見ですが、百鬼夜行絵の模本は稚拙なものも多いですが、ここのは良い感じです。

個人的には疲れた感じのお化けの絵が好きです。

動物の妖怪やおもちゃ絵の妖怪など、楽しいものもあります。ただ、狸の浮世絵に狸自体の絵がない事は気にしたらいけない気がします。

そういえば、展示されている芳年の浮世絵は古今百物語が中心で新形三十六怪撰はなかった気がします。

最後には大阪独自の展示という事で、幽霊画や大きな蛇の骨が来ていました。
年に一度しか見られない大念仏寺の幽霊画が来ているとは思ってなかったのでちょっとラッキーです。

全体的に、見応えのある展示物が多くて面白かったです。

展示物は企画者の好みが出ており、国芳のだまし絵である「顔は怖いが中身はいい人だ」などの妖怪とは関係のない絵も面白いからという理由で混ざっていました。

この展覧会は幽霊妖怪が怖い人でも楽しく見れるようにという考えで作ったそうです。

その為、絵にユーモラスなキャプションをつけていますが、わりとすべっていました。

怖がりにもといいますが、入り口の骸骨の時点で子供を泣かせにかかっている気がします。

たまにピンク色の謎の看板がありますが子供用の解説だそうです。

余談ですが、展覧会のガチャガチャに大化のピンバッジがあったので欲しかったのですが、出ませんでした…

しばらく様子を伺っていると、大化目当ての人が多いようです。

後期も行く予定なのでもう一度やるか悩みどころです。

講演会も行ったので、そのうちまとめます。

<<戻る

ご意見・ご感想などご自由にどうぞ
  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL
http://youkaiblog.blog75.fc2.com/tb.php/824-4b09c442


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。