坊譚

妖怪イラスト&漫画ブログ

妖怪図鑑:目次

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

押してもらえると励みになります→ 拍手する



( --/--/-- --:-- ) Category スポンサー広告 | TB(-) | コメント(-)| top↑

まよいがのイメージ写真

建築物の写真は著作権的に自由に公開してもよいようなので載せて見ます。
問題があった場合は取り下げます。

今更ですが、『まよひが奇譚』の舞台になっている【まよひが】とは、「まよいが」、「迷い家」などともいいますが、主に柳田國男の「遠野物語」で有名な伝承です。
その話では山の中で迷ったものが無人の家「まよひが」に迷い込みます。
そこは誰もいないのにほんの少し前まで人が生活をしていた形跡があり、その家のものを持って帰ると幸運に恵まれるという場所です。(ちなみに持って帰らなければ後から物が追ってきます)

この建物は青森の岩木山神社のもので、一目見て私の中の「まよいが」のイメージにぴったりでした。
昨日の漫画で後ろに建物がありましたがこの写真を参考にして描いています。
細かい意匠は変えようと思うのですが、茅葺屋根に所々瓦を使っていたり、庭に小さな池があったりとかなり好みです。

岩木山神社は少し弘前の町からも外れていますが、かなりいい雰囲気の場所でした。
山の頂上にも行ったのですが、寛永通宝が落ちていたりして時代に取り残されたような不思議な場所です。
ちなみに山の上の社は雷に当たったらしく崩壊していました。

寛永通宝は何故か他にも所々落ちており、私は最近までこのあたりでは寛永通宝が使われていたのではないかとにらんでいます。
もっとも友人に話したら一笑に付されました。

ついでに山の麓にある嶽温泉はあまりの温泉の濃さに最初絶対に入浴剤の入れすぎではないかと疑うほど濃厚でよかったです。
家の近所ではここまで濃い温泉はなかなかないので東北の温泉のレベルの違いを見せ付けられました。

また東北行きたいです。

青森の神社

たまにこんな感じでまよひが奇譚のイメージになっているような写真を気が向いたら載せようと思います。
他は兵主部(ひょうすべ)の写真とか稲生物怪録の触ると妖怪の出る石、定番の殺生石、変な神社仏閣とか面白そうなものを適当に思い出語りをしようと思います。

押してもらえると励みになります→ 拍手する



( 2009/03/02 23:32 ) Category 思うところ | TB(0) | CM(0) | top↑
ご意見・ご感想などご自由にどうぞ
  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL
http://youkaiblog.blog75.fc2.com/tb.php/94-dc8f826c


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。